ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

幻灯劇場5周年記念公演「盲年」は「弱法師」が下敷き、Kyoto演劇フェスに参加

52

幻灯劇場の5周年記念公演第1弾「盲年」が、1月12・13日に京都・人間座スタジオ、2月3日に京都・京都府立文化芸術会館 ホールで上演される。

「盲年」は、観世元雅が手がけた能「弱法師」を下敷きに、藤井颯太郎が作・演出を手がける作品。ある児童誘拐事件に関わった4人の男女は、距離が近付くにつれて記憶がすれ違っていく。不可解な事件のすべては盲目の少年へと繋がり……。上演時間は約1時間を予定。

なお京都府立文化芸術会館 ホールでの公演は、京都府が新設した、演劇シーンで活躍する人材を育てるプログラム「Under30」の一環で、「第40回Kyoto演劇フェスティバル」に参加する。

幻灯劇場5周年記念公演 第1弾「盲年」

2019年1月12日(土)・13日(日)
京都府 人間座スタジオ

2019年2月3日(日)
京都府 京都府立文化芸術会館 ホール

作・演出:藤井颯太郎
出演:村上亮太朗、松本真依、橘カレン、藤井颯太郎

ステージナタリーをフォロー