下鴨車窓の田辺剛が“父”を切り口に描く新作「透明な山羊」京都・愛媛・三重で上演

下鴨車窓の新作「透明な山羊」が、8月に京都・愛媛、10月に三重で上演される。

下鴨車窓「透明な山羊」チラシ表

下鴨車窓「透明な山羊」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

「透明な山羊」は、下鴨車窓にとって3作目となるレパートリー作品。劇中では、“父”や、“父的な何か”を切り口に、主を失った山小屋を舞台とした物語が描かれる。山小屋には、亡くなった主と因縁を持つ人々が集まり……。田辺剛が脚本・演出を手がけ、西村貴治、野村明里、佐々木峻一、岡田菜見が出演。また、中出禎彦が声の出演で参加する。

上演時間は約1時間30分を予定。公演は、8月7日から9日まで京都・THEATRE E9 KYOTO、21・22日に愛媛・シアターねこ、10月16・17日に三重・津あけぼの座にて。なお、一部公演ではトークイベントが実施され、8月7日18:00開演回には山口浩章、8日18:00開演回にはピンク地底人3号、21日18:00開演回には玉井江吏香がゲスト出演する。

この記事の画像(全2件)

下鴨車窓「透明な山羊」

2021年8月7日(土)~9日(月・振休)
京都府 THEATRE E9 KYOTO

2021年8月21日(土)・22日(日)
愛媛県 シアターねこ

2021年10月16日(土)・17日(日)
三重県 津あけぼの座

脚本・演出:田辺剛
出演:西村貴治、野村明里、佐々木峻一、岡田菜見、中出禎彦(声の出演)

全文を表示

関連記事

下鴨車窓のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 下鴨車窓 / 田辺剛 / 佐々木峻一 / 山口浩章 / ピンク地底人3号 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします