1年4カ月ぶり、文学座アトリエの会「熱海殺人事件」演出家&キャストそのままに

181

文学座9月アトリエの会「熱海殺人事件」が9月2日から14日まで東京・文学座アトリエ、18・19日に兵庫・兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター 大ホールで上演される。

左から石橋徹郎、山本郁子、上川路啓志、奥田一平。(撮影:宮川舞子)

左から石橋徹郎、山本郁子、上川路啓志、奥田一平。(撮影:宮川舞子)

大きなサイズで見る(全5件)

文学座9月アトリエの会「熱海殺人事件」チラシ表

文学座9月アトリエの会「熱海殺人事件」チラシ表[拡大]

「熱海殺人事件」は、1973年に東京・文学座アトリエで初演されたつかこうへいの作品。昨年4・5月に、アトリエの会で上演が予定されていたが、緊急事態宣言発令に伴い公演中止となっていた。このたび同作が、スタッフ・キャストをそのままに“リベンジ上演”される。

劇中では、“くわえ煙草伝兵衛”こと木村伝兵衛刑事と熱血捜査官・熊田刑事の物語が展開。演出を稲葉賀恵が担い、出演者には石橋徹郎上川路啓志、奥田一平、山本郁子が名を連ねた。チケットは8月16日に発売される。

稲葉は「1年4カ月ぶりに熱海殺人事件がリクリエーションされます。この頼もしいキャスト、スタッフ陣でつかこうへいが文学座に書き下ろした初演版の台本の言葉を、丁寧かつ大胆に読み解いていこうと思います。ぜひ目撃してください」とコメントした。

なお、9月10日18:30開演回ではライブ映像の配信が予定されている。

この記事の画像(全5件)

文学座9月アトリエの会「熱海殺人事件」

2021年9月2日(木)~14日(火)
東京都 文学座アトリエ

2021年9月18日(土)・19日(日)
兵庫県 兵庫県立尼崎青少年創造劇場 ピッコロシアター 大ホール

作:つかこうへい
演出:稲葉賀恵
出演:石橋徹郎上川路啓志、奥田一平、山本郁子

全文を表示

関連記事

文学座のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 文学座 / つかこうへい / 石橋徹郎 / 上川路啓志 / 山本郁子 / 稲葉賀恵 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします