人は美談に殺される…タカハ劇団「美談殺人」12月の延期公演に町田水城ら

3

25

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 5 12
  • 8 シェア

タカハ劇団「美談殺人」の延期公演が、12月16日から20日まで東京・駅前劇場で行われる。

左から福本伸一、町田水城、柿丸美智恵、高羽彩。

左から福本伸一、町田水城、柿丸美智恵、高羽彩。

大きなサイズで見る

これは高羽彩率いるタカハ劇団の第17回公演。本作は今年1月に上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた。今回の延期公演には、1月公演にもキャスティングされていたはえぎわの町田水城柿丸美智恵、高羽、ラッパ屋の福本伸一が出演する。

「人は美談に殺される」をキャッチコピーに掲げた本作では、人類の平均寿命が50歳まで低下した未来が描かれる。人々は早すぎる死を恐れ、自分の死に様に“美談”を求めるようになっていた。依頼人の要求に応じて美談を作る“美談作家”は花形職業としてもてはやされ、売れっ子は巨万の富を築いている。あるとき、駆け出しの貧乏美談作家と出会った大御所の美談作家は「私のために、この世で一番くだらない美談を書いてくださらない?」と依頼し……。

脚本・演出も務める高羽は「思いがけず上演日程が一年後ろ倒しになったことで、作品と現実社会とのほどよい『距離感』が醸成され、よりパワーアップしたんじゃないかと思っております」とコメントしている。チケットの一般販売は11月上旬にスタートする予定だ。なお本公演では舞台手話通訳を田中結夏が担い、全ステージが手話通訳と字幕付きで上演される。

高羽彩コメント

今年の1月に延期になってしまった「美談殺人」が、12月に満を持しての上演となります!(1月に延期になってしまった経緯は劇団サイトをご覧下さい)

この物語は人の死に際を演出するための「美談」が商品として流通している世界が舞台です。長い自粛生活の間、実際の体験よりも画面上の文字列が人間の心を大きく動かしてしまう瞬間を何度も体感してきました。創られた物語が人を動かす力の、良い面だけでなく恐ろしい面も描きたい、そんな思いからこの作品は生まれました。

思いがけず上演日程が一年後ろ倒しになったことで、作品と現実社会とのほどよい「距離感」が醸成され、よりパワーアップしたんじゃないかと思っております。

全ステージ手話通訳・字幕付きの情報保障とバリアフリー対応も、充分な準備期間を得ることでより万全に、お客様をお迎えいたします!

どうぞご期待下さい!

タカハ劇団 第17回公演「美談殺人」

2021年12月16日(木)~20日(月)
東京都 駅前劇場

脚本・演出:高羽彩
出演:町田水城柿丸美智恵、高羽彩、福本伸一
舞台手話通訳:田中結夏

全文を表示

読者の反応

  • 3

しかく新聞 @shikaku_paper

人は美談に殺される…タカハ劇団「美談殺人」12月の延期公演に町田水城ら - なお本公演では舞台手話通訳を田中結夏が担い、全ステージが手話通訳と字幕付きで上演される。 高羽彩コメント. 今年の1… https://t.co/ddIt1GHxzM

コメントを読む(3件)

関連記事

タカハ劇団のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 タカハ劇団 / 高羽彩 / 町田水城 / 柿丸美智恵 / 福本伸一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします