NODA・MAP「フェイクスピア」開幕、高橋一生「劇場で共有する、本来の楽しみ方で味わって」

1727

NODA・MAP「フェイクスピア」が昨日5月24日に開幕した。

NODA・MAP 第24回公演「フェイクスピア」より。(撮影:篠山紀信)

NODA・MAP 第24回公演「フェイクスピア」より。(撮影:篠山紀信)

大きなサイズで見る(全3件)

野田秀樹が作・演出を担う「フェイクスピア」は、“Fake+Shakespeare=FAKESPEARE(フェイクスピア) !!”をコンセプトにしたNODA・MAPの新作。出演者には作・演出の野田のほか、主演の高橋一生川平慈英伊原剛志前田敦子村岡希美、そして白石加代子橋爪功らが名を連ねた。

NODA・MAP 第24回公演「フェイクスピア」より。(撮影:篠山紀信)

NODA・MAP 第24回公演「フェイクスピア」より。(撮影:篠山紀信)[拡大]

舞台は恐山。イタコ見習いの皆来(みならい)アタイのもとに、小さな箱を抱えた男・monoと、彼より年配の男・楽(たの)がやって来る。彼らは話の途中で、シェイクスピア四大悲劇のセリフを語り始め……。NODA・MAP初参加の高橋は、舞台を縦横無尽に駆け回りながら、影の中に静かな炎をたたえたmonoを、舞台に刻みつけるように演じる。アブラハムの川平と三日坊主の伊原は、軽妙な掛け合いで観客の心を鷲づかみにしつつ、作品に心地良いスピードをもたらす。星の王子様 / 伝説のイタコ / 白い烏の前田は、よく通る声を響かせて3役を巧みに演じ分けた。愛嬌と色っぽさで作品に柔らかみを与えるのは、オタコ姐さんと烏女王役の村岡希美。白石はさすがの存在感でアタイ役を怪演し、物語を力強く牽引した。登場するたび笑いを巻き起こし、物語をかき回すのはシェイクスピアとフェイクスピア役の野田。さらに楽役の橋爪は、軽妙なやり取りから重厚なセリフ回しまで多彩に演じて演技の幅を見せながら、monoとは対照的な温かな炎を内にたぎらせていた。

NODA・MAP 第24回公演「フェイクスピア」より。(撮影:篠山紀信)

NODA・MAP 第24回公演「フェイクスピア」より。(撮影:篠山紀信)[拡大]

開幕に際し高橋は、「カーテンコールでたくさんの拍手をいただいて、白石加代子さん、橋爪功さんと手を繋いだ瞬間、温かかったんです。人と人との繋がりの素敵さを改めて実感した気がします」と実感を述べつつ、「ぜひ劇場で、この夢がまた夢に繋がっていくような複層的な不思議な世界を体感していただけたら。できることなら、僕も客席で観たいくらいです。劇場で初めて共有するという本来の楽しみ方で、味わっていただけたらと思います」とコメント。野田は「稽古初日に『演劇の底力を見せてみたい』と言ったんですが、それに近いことがやれたのかなと感じることができました。たぶん、あまり観たことのない芝居だと思うので、SNSの感想をチェックしたりしないで、なるべく無で観てください。できれば、シェイクスピアすら知らずに観に来て欲しい(笑)。演劇の観客は、第三者ではなく当事者です。劇場でお待ちしています」と来場を呼びかけた。

公演は7月11日まで東京・東京芸術劇場 プレイハウス、15日から25日まで大阪・新歌舞伎座にて。上演時間は休憩なしの約2時間5分の予定。

高橋一生コメント

劇場で稽古できる期間が結構しっかりあったこともあって、稽古でやってきたものをブレずにそのまま出すことができたかなと思います。カーテンコールでたくさんの拍手をいただいて、白石加代子さん、橋爪功さんと手を繋いだ瞬間、温かかったんです。人と人との繋がりの素敵さを改めて実感した気がします。劇場でみんなで分かち合うその一体感も、肉体があってこそ。仮想の世界では味わえないものだと思います。ぜひ劇場で、この夢がまた夢に繋がっていくような複層的な不思議な世界を体感していただけたら。できることなら、僕も客席で観たいくらいです。劇場で初めて共有するという本来の楽しみ方で、味わっていただけたらと思います。

野田秀樹コメント

ほっとしたというのが、初日を終えたいちばんの感想です。久しぶりにストーリーを捨て置いたようなところがあるこの芝居がどう受け入れられるのか、いつも以上に全く見当がつかなかったので。お客さんの集中力がどんどん高まっていくのがわかって、非常に嬉しかったですね。一生をはじめ、みんなよくやってくれたので、とても感謝しています。稽古初日に「演劇の底力を見せてみたい」と言ったんですが、それに近いことがやれたのかなと感じることができました。 たぶん、あまり観たことのない芝居だと思うので、SNS の感想をチェックしたりしないで、なるべく無で観てください。できれば、シェイクスピアすら知らずに観に来て欲しい(笑)。演劇の観客は、第三者ではなく当事者です。劇場でお待ちしています。

この記事の画像(全3件)

NODA・MAP 第24回公演「フェイクスピア」

2021年5月24日(月)~7月11日(日)
東京都 東京芸術劇場 プレイハウス

2021年7月15日(木)~25日(日)
大阪府 新歌舞伎座

作・演出:野田秀樹
出演:高橋一生 / 川平慈英伊原剛志前田敦子村岡希美 / 白石加代子、野田秀樹、橋爪功 / 石川詩織、岩崎MARK雄大、浦彩恵子、上村聡、川原田樹、白倉裕二、末冨真由、谷村実紀、手打隆盛、花島令、間瀬奈都美、松本誠、的場祐太、水口早香、茂手木桜子、吉田朋弘

全文を表示

関連記事

NODA・MAPのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 NODA・MAP / 野田秀樹 / 高橋一生 / 川平慈英 / 前田敦子 / 伊原剛志 / 村岡希美 / 白石加代子 / 橋爪功 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします