その声ですべてが伝わる…パンチェッタ新作「声」ブタに耳打ちするビジュアルも

36

パンチェッタ(PANCETTA)の第12回公演「声」が、6月4日から6日まで東京のOFF・OFFシアターで上演される。

PANCETTA 12th performance「声」ビジュアル

PANCETTA 12th performance「声」ビジュアル

大きなサイズで見る

脚本・演出を一宮周平が手がける本作は、パフォーマンスユニット・パンチェッタの最新作。出演者には佐藤竜、新行内啓太、一宮が名を連ね、音楽・ピアノを加藤亜祐美が担当する。公式サイトには「その声で、すべてが伝わる」とキャッチコピーが記されたほか、内容について「聞こえてくる数々の声を、その想いを、今こそ聞いてくれ」というフレーズがつづられた。またビジュアルには、ジャケットを着た人物がブタに耳打ちする姿が描かれている。

PANCETTA 12th performance「声」

2021年6月4日(金)~6日(日)
東京都 OFF・OFFシアター

脚本・演出:一宮周平
音楽・ピアノ:加藤亜祐美
出演:佐藤竜、新行内啓太、一宮周平

全文を表示

関連する特集・インタビュー

パンチェッタのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 パンチェッタ / 一宮周平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします