池上直子のダンサー育成プロジェクト第3弾「Phantom」本日から

15

Dance Marche vol.9 Dance Performance「オペラ座の怪人『Phantom-ファントム-』」が本日4月15日と明日16日に東京・スクエア荏原 ひらつかホールで上演される。

Dance Marche vol.9 Dance Performance「オペラ座の怪人『Phantom-ファントム-』」チラシ表

Dance Marche vol.9 Dance Performance「オペラ座の怪人『Phantom-ファントム-』」チラシ表

大きなサイズで見る(全3件)

Dance Marche vol.9 Dance Performance「オペラ座の怪人『Phantom-ファントム-』」稽古場の様子。(撮影:大洞博靖)

Dance Marche vol.9 Dance Performance「オペラ座の怪人『Phantom-ファントム-』」稽古場の様子。(撮影:大洞博靖)[拡大]

池上直子が振付・構成・演出を手がける本作は、2019年に上演された「Carmen-カルメン-」に続く、ダンサー育成プロジェクトの第3弾。公演は昨年6月に予定されていたが延期となっていた。本作ではファントム役で吉崎裕哉、クリスティーヌ役で松岡希美が出演。また、クラウドファンディングによる育成ダンサー支援のプロジェクトも実施された。

上演に際し、池上は「先が見えないからこそ、想像力を膨らまし先を見る目を養う感受性を磨く必要があると思っています。感受性を磨くひとつに、芸術に触れることがあると思います。特に舞踊公演は、ダンス、音楽、照明、美術、衣装、演出と総合芸術です。そして作品には必ずメッセージがあります。ひとりひとりの感性で作品を汲み取っていただければ幸いです」とコメントしている。

この記事の画像(全3件)

Dance Marche vol.9 Dance Performance「オペラ座の怪人『Phantom-ファントム-』」

2021年4月15日(木)・16日(金)
東京都 スクエア荏原 ひらつかホール

振付・構成・演出:池上直子

キャスト

ファントム:吉崎裕哉
クリスティーヌ:松岡希美
ダンサー:大上のの、冨岡瑞希、小泉朱音、後藤華歩、森加奈
ファントム(子供):生沼澪奈
ラウル:戸田祈

※吉崎裕哉の「崎」は立つ崎が正式表記。

全文を表示

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします