梶裕貴&甲斐田裕子による「世界が記憶であふれる前に」衛星劇場で2月に放送

25

「朗読劇『世界が記憶であふれる前に』」が、2月13日16:45からCS衛星劇場でテレビ初放送される。

左から梶裕貴、甲斐田裕子。

左から梶裕貴、甲斐田裕子。

大きなサイズで見る(全3件)

「朗読劇『世界が記憶であふれる前に』」より。

「朗読劇『世界が記憶であふれる前に』」より。[拡大]

「朗読劇『世界が記憶であふれる前に』」より。

「朗読劇『世界が記憶であふれる前に』」より。[拡大]

昨年11月に東京・EX THEATER ROPPONGIで上演された本作は、同劇場による朗読劇シリーズの第1弾。朗読劇「私の頭の中の消しゴム」シリーズを手がけた岡本貴也の小説「世界が記憶であふれる前に」を、岡本自身が朗読劇化した作品だ。劇中では、超記憶症候群の女性・ナノと、彼女を救おうとする男性・ソライの物語が展開。ソライ役を梶裕貴、ナノ役を甲斐田裕子が務めた。なお本編の放送終了後には、梶と甲斐田へのインタビューもオンエアされる。

この記事の画像(全3件)

CS衛星劇場「朗読劇『世界が記憶であふれる前に』」

2021年2月13日(土)16:45~

脚本・演出:岡本貴也
出演:梶裕貴甲斐田裕子

全文を表示

関連記事

岡本貴也のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 岡本貴也 / 梶裕貴 / 甲斐田裕子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします