「豊岡演劇祭2020」が本日スタート、オープニング演目は「ヤルタ会談」

160

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」が、本日9月9日に兵庫・江原河畔劇場で行われる「ヤルタ会談」の公演をもってスタートする。そのゲネプロが昨日9月8日に行われた。

青年団「ヤルタ会談」より。(c)igaki photo studio

青年団「ヤルタ会談」より。(c)igaki photo studio

大きなサイズで見る(全14件)

青年団「ヤルタ会談」より。(c)igaki photo studio

青年団「ヤルタ会談」より。(c)igaki photo studio[拡大]

「ヤルタ会談」は、平田オリザが柳家花緑に書き下ろした落語台本をベースにした作品。劇中では、チャーチル、ルーズベルト、スターリンが1945年に行った会談をもとにした物語が展開し、スターリン役を松田弘子、チャーチル役を島田曜蔵、ルーズベルト役を緑川史絵が演じている。上演時間は30分で、公演は9月14日まで。

「豊岡演劇祭2020」より、「ヤルタ会談」ゲネプロ開幕前の様子。(撮影:三浦雨林)

「豊岡演劇祭2020」より、「ヤルタ会談」ゲネプロ開幕前の様子。(撮影:三浦雨林)[拡大]

「豊岡演劇祭」は、兵庫・豊岡市を中心に実施される演劇祭。プログラムには、青年団の公演や平田の新作オペラに加え、東京デスロック「Anti Human Education III~PANDEMIC Edit.~」、Q「バッコスの信女 ─ ホルスタインの雌」、cigars「庭にはニワトリ二羽にワニ」「キニサクハナノナ」、岩井秀人(WARE)「いきなり本読み!in 豊岡演劇祭」、マームとジプシー「てんとてんを、むすぶせん。からなる、立体。そのなかに、つまっている、いくつもの。ことなった、世界。および、ひかりについて。」、五反田団「いきしたい」、変わりゆく線「四つのバラード」「diss__olv_e」がラインナップされている。会期は9月22日まで。

この記事の画像(全14件)

青年団「ヤルタ会談」

2020年9月9日(水)~14日(月)
兵庫県 江原河畔劇場 スタジオ

作・演出:平田オリザ
出演:松田弘子島田曜蔵緑川史絵

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」

2020年9月9日(水)~22日(火・祝)
兵庫県 城崎国際アートセンター、玄武洞公園、豊岡市民プラザ、豊岡稽古堂、豊岡市民会館、江原河畔劇場 ほか豊岡市内各所

プログラム

青年団「ヤルタ会談」

2020年9月9日(水)~14日(月)
兵庫県 江原河畔劇場 スタジオ

作・演出:平田オリザ

東京デスロック「Anti Human Education III~PANDEMIC Edit.~」

2020年9月10日(木)~12日(土)
兵庫県 豊岡稽古堂

構成・演出:多田淳之介

豊岡演劇祭 特別公演 鈴木忠志、高田みどり、SAMGHA / 真言聲明の会「羯諦羯諦」

2020年9月11日(金)・12日(土)※公演中止
兵庫県 玄武洞公園

演出・構成:鈴木忠志
出演:高田みどり、SAMGHA / 真言聲明の会

Q「バッコスの信女 ─ ホルスタインの雌」

2020年9月11日(金)~13日(日)
兵庫県 城崎国際アートセンター

作・演出:市原佐都子

cigars「庭にはニワトリ二羽にワニ」「キニサクハナノナ」

2020年9月12日(土)・13日(日)
兵庫県 豊岡市民プラザ

作:小川未玲
演出:志賀廣太郎

岩井秀人(WARE)「いきなり本読み!in 豊岡演劇祭」

2020年9月12日(土)・13日(日)
兵庫県 江原河畔劇場

企画・司会進行:岩井秀人
出演:古舘寛治、藤谷理子、猪股俊明

中堀海都+平田オリザ 室内オペラ「零(ゼロ)」

2020年9月13日(日)
兵庫県 豊岡市民会館

作・演出:平田オリザ
作曲・指揮:中堀海都

青年団「眠れない夜なんてない」

2020年9月17日(木)~22日(火・祝)
兵庫県 江原河畔劇場

作・演出:平田オリザ

マームとジプシー「てんとてんを、むすぶせん。からなる、立体。そのなかに、つまっている、いくつもの。ことなった、世界。および、ひかりについて。」

2020年9月19日(土)~21日(月)
兵庫県 城崎国際アートセンター

作・演出:藤田貴大

五反田団「いきしたい」

2020年9月19日(土)~21日(月・祝)
兵庫県 豊岡市民プラザ

作・演出:前田司郎

青年団「思い出せない夢のいくつか」

2020年9月19日(土)~21日(月・祝)
兵庫県 江原河畔劇場 スタジオ

作・演出:平田オリザ

変わりゆく線「四つのバラード」「diss__olv_e」

2020年9月20日(日)
兵庫県 豊岡市民会館

「四つのバラード」
振付:Roy Asaaf
出演:木田真理子、児玉北斗
ピアニスト:圓井晶子

「diss__olv_e」
振付:平原慎太郎
出演:OrganWorks

フリンジプログラム 参加団体ラインナップ

演劇

うさぎストライプ「ゴールデンバット」
劇団普通「電話」
小菅紘史×中川裕貴「山月記」
theater apartment complex libido:「libido:AESOP 0.9」
スペースノットブランク「ラブ・ダイアローグ・ナウ」
日坂春奈「かみしばいや」
広田ゆうみ+二口大学「いかけしごむ」
ブルーエゴナク「ザンザカと遊行」

ダンス

Aokid×たくみちゃん「MOVE-MOV(I)E MEN-MENT!!!!」
京極朋彦ダンス企画「竹野町 猫町ウォーキング」
敷地理「blooming dots」

リーディング

天明留理子(旭堂南明)「城崎で聴く怪談話」

大道芸

知念大地「続・ひしと」
塚越ピカル「Living Statue」

フィジカルコメディ

to R mansion「DIVE / JOURNY(ダイブジャーニー)」

フィールドワーク

山川陸(山川陸設計)「三度、参る」

インスタレーション

越後正志「観測地点」

トーク

烏丸ストロークロック「『但東舞堂考』に向けて ~豊岡市但東地域の営みと舞台芸術のリサーチ~」

ワークショップ

一般社団法人ダンストーク「マジな性教育マジか」by康本雅子+池上恵一
「老いと演劇」OiBokkeShi「老いと演劇のワークショップ」
観客発信メディアWL「劇評ミーティング」in 豊岡
竹中香子「『民主的演技』を考えるワークショップミーティング」(オンライン開催)

勉強会

劇作家女子会。「劇作家による著作権との付き合い方勉強会:死後のライセンスについて」(オンライン開催)
和田華子「俳優・演出家・劇作家・制作者に向けたLGBTQ勉強会」

全文を表示

関連記事

平田オリザのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 平田オリザ / 青年団 / 松田弘子 / 島田曜蔵 / 緑川史絵 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします