「豊岡演劇祭2020」開催決定、平田オリザ「今後の発表もお楽しみに」

194

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」の記者会見が昨日7月1日に兵庫・江原河畔劇場にて行われ、豊岡演劇祭実行委員会会長の中貝宗治豊岡市長と、豊岡演劇祭フェスティバルディレクターで青年団主宰の平田オリザが出席した。

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」記者会見より。左から中貝宗治豊岡市長と平田オリザ。

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」記者会見より。左から中貝宗治豊岡市長と平田オリザ。

大きなサイズで見る(全18件)

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」記者会見より、中貝宗治豊岡市長。

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」記者会見より、中貝宗治豊岡市長。[拡大]

昨年、第0回として開催された「豊岡演劇祭」は、兵庫・豊岡市を中心に実施される演劇祭。今年は、海外招聘演目の中止、ならびに国際共同制作作品の内容変更を行ったうえで、9月に開催されることが発表された。中貝市長は「豊岡市は、街の隅々に演劇があるような、“深さをもった演劇のまち”を目指しています。その推進力が『豊岡演劇祭』にはある」と演劇祭への思いを述べ、「新型コロナウイルスの影響で、アートが大きな打撃を受けています。ただ、日本はさまざまな災害を乗り越えてきた経験から、文化芸術がいかに人々を支えてきたかを知っているはず。『豊岡演劇祭』を通じて、アートが人々や町をどのように支え、変えていくのか、大いに期待しています」と笑みを浮かべた。

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」記者会見より、平田オリザ。

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」記者会見より、平田オリザ。[拡大]

「羯諦羯諦」より。

「羯諦羯諦」より。[拡大]

続いて、平田が本演劇祭の概要を説明。演劇祭は公式プログラムに加え、若手アーティストによるフリンジプログラム、カンファレンスやシンポジウムなどの関連プログラムで構成される。公式プログラムには、青年団「眠れない夜なんてない」「ヤルタ会談」「思い出せない夢のいくつか」、平田と中堀海都による新作の室内オペラ「零(ゼロ)」、鈴木忠志が演出・構成を手がける「羯諦羯諦」、岩井秀人が企画・司会進行を務める「いきなり本読み!in 豊岡演劇祭」、変わりゆく線「四つのバラード」「diss__olv_e」、Q「バッコスの信女 ─ ホルスタインの雌」、五反田団「ぬかりのない船(仮)」、今年死去した志賀廣太郎演出のcigars「庭にはニワトリ二羽にワニ」「キニサクハナノナ」、東京デスロック「Anti Human Education 3(仮)」、そしてマームとジプシーの公演がラインナップされた。

青年団「思い出せない夢のいくつか」より。(c)三浦雨林

青年団「思い出せない夢のいくつか」より。(c)三浦雨林[拡大]

平田は、公式プログラムのラインナップについて「あまりに先端的な演目を上演しても、集客につながらないですし、かといってありきたりな演目だと、演劇祭でやる意味がない。フェスティバルディレクターとしては、バランス重視のプログラム選定をしたつもりです」と自信を見せ、「各演目のキャストについては、今後の発表を楽しみにしていただければ」と期待を煽る。また、客席数の問題については「9月開催時点での内閣府の見解に従う形で決めていきたい」とコメント。さらにフリンジプログラムを「さまざまなアーティストが自由に演目を上演できる企画」と説明し、参加団体を昨日7月1日から14日まで公募することを明かした。

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」記者会見より。左から中貝宗治豊岡市長と平田オリザ。

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」記者会見より。左から中貝宗治豊岡市長と平田オリザ。[拡大]

最後に、このような状況下で開催に踏み切った思いを改めて記者に問われると、中貝市長は「『豊岡演劇祭』は、多様性を持った演劇祭だと思っています。城下町で行われる演劇、温泉街で行われる演劇、街中での演劇など、いろんな場所に、いろんな演目、いろんな演劇がある、という多様性を楽しんでいただける。『生きていると本当にいいよね』ということが伝わる演劇祭になれば」と語り、平田は「東京や大阪もいいけど、豊岡もいいよね、と思っていただければ。私達アーティストの仕事は、見慣れた風景や、当たり前の生活に新しい視点や言葉を与えること。作品を通して、地域の方が地域の魅力を再発見したり、観光業の方が新しいアイデアを得ることができればいいなと思います。また、第0回で初めて豊岡に足を運んだ方々が『一度来てみたかった』とおっしゃっていたのが印象的で。アートというトリガーがあれば、少し遠くても一度行ってみようという気持ちになるし、来てみると素晴らしさがわかる。演劇祭の期間だけじゃ豊岡を楽しみ切れないから、フェスティバルじゃないときにもまた来たい、と思っていただけるような演劇祭に育てていきたい」と言葉に力を込めた。

「豊岡演劇祭2020」は、2020年9月9日から22日まで開催され、チケットの販売は8月8日を予定。

この記事の画像(全18件)

「豊岡演劇祭2020 Toyooka Theater Festival」

2020年9月9日(水)~22日(火・祝)

公式プログラム

青年団「眠れない夜なんてない」「ヤルタ会談」「思い出せない夢のいくつか」
作・演出:平田オリザ

中堀海都+平田オリザ 室内オペラ「零(ゼロ)」
作曲・指揮:中堀海都
作・演出:平田オリザ

鈴木忠志高田みどり、SAMGHA / 真言聲明の会「羯諦羯諦」
演出・構成:鈴木忠志
出演:高田みどり、SAMGHA / 真言聲明の会

岩井秀人(WARE)「いきなり本読み!in 豊岡演劇祭」
企画・司会進行:岩井秀人

変わりゆく線「四つのバラード」「diss__olv_e」
「四つのバラード」
振付:Roy Asaaf
出演:木田真理子、児玉北斗
ピアニスト:圓井晶子

「diss__olv_e」
振付:平原慎太郎
出演:OrganWorks

Q「バッコスの信女 ─ ホルスタインの雌」
作・演出:市原佐都子

五反田団 新作「ぬかりのない船(仮)」
作・演出:前田司郎

cigars「庭にはニワトリ二羽にワニ」「キニサクハナノナ」
作:小川未玲
演出:志賀廣太郎

東京デスロック「Anti Human Education 3(仮)」
構成・演出:多田淳之介

マームとジプシー「演目未定」
作・演出:藤田貴大

全文を表示

関連記事

平田オリザのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 平田オリザ / 青年団 / 鈴木忠志 / 高田みどり / 岩井秀人 / 平原慎太郎 / OrganWorks / 市原佐都子 / Q / 五反田団 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします