塩田康平の初脚本・演出作「監獄REQUIEM」を坂本康太がプロデュース

118

塩田康平が脚本・演出、坂本康太がプロデュースを手がける「監獄REQUIEM」が、来年2月3日から14日まで東京・新宿村LIVEで上演される。

塩田康平

塩田康平

大きなサイズで見る(全2件)

坂本康太

坂本康太[拡大]

これは本日8月10日に、塩田と山口賢人のロックバンド・BUCKSのライブで発表されたもの。「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」シリーズで共演した塩田と坂本がタッグを組む本作では、配信も視野に入れながら製作が進められる。

今回初めて脚本・演出を手がける塩田は「自分が演じるならこういったお芝居に出たい、そんな物語を書きました。出てくる人物一人一人が葛藤を抱え、影響を与え合うことで一つの大きな渦が生まれます」「心の機微を大切に演出したいと思います」とコメント。また坂本は「僕は去年末で役者業を休止し、今年から舞台のプロデュース等の裏方の勉強をさせていただく事になり、今回、僕自身初プロデュース舞台に、塩田康平さんを迎えて、一緒に作り上げていける事、本当に嬉しく思います!」と感慨を語った。

キャストやチケットなど、公演の詳細については続報を待とう。

塩田康平コメント

今回、初めて脚本と演出をする運びとなりました塩田康平です。自分が演じるならこういったお芝居に出たい、そんな物語を書きました。出てくる人物一人一人が葛藤を抱え、影響を与え合うことで一つの大きな渦が生まれます。運命という「うねり」に飲み込まれ、その時人は何を求め、何にすがるのか。そして自分を支えていたものは一体何なのか。心の機微を大切に演出したいと思います。こんな情勢だからこそ、表現者として今しか出来ないもの、今後の舞台表現の第一歩をつくり上げたいです。そして塩田康平らしく、前のめりに見入ってしまう舞台を目指します。どうぞ宜しくお願いいたします。

坂本康太コメント

この度、塩田康平さん初演出、初脚本の舞台のプロデュースをさせていただくことになりました! 僕は去年末で役者業を休止し、今年から舞台のプロデュース等の裏方の勉強をさせていただく事になり、今回、僕自身初プロデュース舞台に、塩田康平さんを迎えて、一緒に作り上げていける事、本当に嬉しく思います! 今のご時世がいつまで続くのか分かりません。いつまで下を見続けないといけないのかも分かりません。少しでも皆様に楽しんで頂けるよう精一杯頑張ります! 宜しくお願い致します!

この記事の画像(全2件)

「監獄REQUIEM」

2021年2月3日(水)~14日(日)
東京都 新宿村LIVE

プロデュース:坂本康太
脚本・演出:塩田康平

全文を表示

関連記事

塩田康平のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 塩田康平 / 坂本康太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします