スペースノットブランク、“コロナ禍の時代の上演”前提とした「本人たち」始動

50

スペースノットブランクが、新プロジェクト「本人たち」を始動した。

スペースノットブランク「本人たち」ビジュアル (c)Dan Åke Carlsson

スペースノットブランク「本人たち」ビジュアル (c)Dan Åke Carlsson

大きなサイズで見る

「本人たち」では、"コロナ禍の時代の上演"を前提に長期的なクリエーションと発表が行われる。最大2年程度の期間、参加メンバーは、生活状況についてや、自身と社会に向けた言葉を共有し、テキスト・映像を継続的に発表。そのクリエーションをもとに、舞台作品を作ることを目指す。それぞれの創作はリモートで開始され、社会情勢に併せて少しずつ手法を切り替える予定だ。

クリエーションメンバーには現在、荒木知佳、植村朔也、小野彩加河井朗古賀友樹、櫻内憧海、中澤陽西井裕美、花井瑠奈が名を連ねている。今後の展開はスペースノットブランクの公式サイトで確認を。

関連記事

スペースノットブランクのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 スペースノットブランク / 小野彩加 / 河井朗 / 古賀友樹 / 中澤陽 / 西井裕美 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします