GEROがコミュニケーションを解体・再構築した“得体の知れないコント”

20

フィジカルシアターカンパニーGERO「踊ってから喋るか?喋ってから踊るか?」が、12月12日から15日まで東京・トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースAで上演される。

TOKAS OPEN SITE 2019-2020 フィジカルシアターカンパニーGERO「踊ってから喋るか?喋ってから踊るか?」チラシ表

TOKAS OPEN SITE 2019-2020 フィジカルシアターカンパニーGERO「踊ってから喋るか?喋ってから踊るか?」チラシ表

大きなサイズで見る(全3件)

伊藤キムが演出・構成・出演を務める本作では、人間同士のコミュニケーションを解体し、生身の身体と声、そして映像で再構築する。チラシ表には本作について、「これはコントです。すれ違ってかみ合わない身体と言葉たちを、得体の知れないコントに仕立てました」と記された。なお定員は各回30名となっている。

この記事の画像(全3件)

TOKAS OPEN SITE 2019-2020 フィジカルシアターカンパニーGERO「踊ってから喋るか?喋ってから踊るか?」

2019年12月12日(木)~15日(日)
東京都 トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースA

演出・構成・出演:伊藤キム
映像:須藤崇規
出演:KEKE、八木光太郎、青沼沙季、aqiLa

全文を表示

関連記事

GEROのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 GERO / 伊藤キム / 八木光太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします