「ファーム」開幕、キム・ジョン「一輪の小さな野の花のような公演になれば」

16

「ファーム」が本日10月19日に開幕した。

「ファーム」より。

「ファーム」より。

大きなサイズで見る(全8件)

「ファーム」より。

「ファーム」より。[拡大]

演出を手がける、韓国の若手演出家キム・ジョンは開幕に際し、「この芝居が、捨てられたものの間に咲いた、一輪の小さな野の花のような公演になることを願います」とコメントしている。

「ファーム」より。

「ファーム」より。[拡大]

「ファーム」は、2014年に松井周率いる劇団サンプルが初演した作品。近未来の世界を舞台に、遺伝子操作によって生まれた子供とその家族をめぐる物語が描かれる。韓国語上演、日本語・英語字幕付き、上演時間は約2時間。なお本日18:00開演回には、松井とキム、そして「フェスティバル/トーキョー」ディレクターの長島確によるアフタートークが実施される。

「ファーム」の上演は明日10月20日まで、東京・あうるすぽっとにて。

キム・ジョン コメント

何のために僕らはこの戦乱のような世の中で、汗を流しながらこんなに激しく走り回るのでしょうか。
人間が消えた世の中で、結局人間を救えるのは「人間」だけという皮肉。
汗臭い疾走の中でふっと感じられる人間の香り。
戦争のような騒音を突き抜けてくる、誰かの泣き声。
止まらずに揺れる体を抱きしめた誰かの体温。
この芝居が、捨てられたものの間に咲いた、一輪の小さな野の花のような公演になることを願います。

この記事の画像(全8件)

「ファーム」

2019年10月19日(土)・20日(日)
東京都 あうるすぽっと

作:松井周
演出:キム・ジョン
出演:ナム・ミジョン、パク・ジョンテ、チェ・ヒジン、イム・ヨンジュン 、クォン・ジョンフン、キム・スンイル

「フェスティバル/トーキョー19」

2019年10月5日(土)~11月10日(日)
東京都 東京芸術劇場、あうるすぽっと、シアターグリーン ほか

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

松井周のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 松井周 / キム・ジョン の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします