ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ペニノ「蛸入道 忘却ノ儀」京都で開幕、タニノ「意力と熱量を肌で感じて」

98

庭劇団ペニノ「蛸入道 忘却ノ儀」より。(撮影:井上嘉和)

庭劇団ペニノ「蛸入道 忘却ノ儀」より。(撮影:井上嘉和)

庭劇団ペニノ「蛸入道 忘却ノ儀」が、昨日10月11日に開幕した。

本作は「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019」の公式プログラムの1つ。観客は寺院を模した空間に招き入れられ、俳優たちが執り行う儀式的なパフォーマンスに巻き込まれていく。また空間と祭事のシンボルとして“蛸”が据えられる。

開幕に際し、作・演出を手がけるタニノクロウは「俳優が役柄を演じ、セリフやストーリーがあるものではありません。蛸になるための『儀式』です。なぜ蛸になりたいのかは本編を体感していただけるとその切実さが伝わるかと思います。そしてその意力と熱量を肌で感じて欲しいです」とコメントしている。

キャストには木下出、島田桃依、永濱佑子、西田夏奈子日高ボブ美、森準人、森山冬子、山田伊久磨が名を連ねた。上演時間は1時間40分。公演は10月15日まで京都・ロームシアター京都 ノースホールにて。なお13日18:00開演回にはポストパフォーマンストークが実施される。

タニノクロウ コメント

庭劇団ペニノのタニノクロウです。念願の京都での蛸入道「忘却ノ儀」です。この作品は我々が考案した「蛸になるための儀式」です。蛸になるため工夫を施したお寺も作りました。そのお寺の中に皆さんも入って儀式を体験していただきます。俳優が役柄を演じ、セリフやストーリーがあるものではありません。蛸になるための「儀式」です。なぜ蛸になりたいのかは本編を体感していただけるとその切実さが伝わるかと思います。そしてその意力と熱量を肌で感じて欲しいです。
演劇を取り巻く諸々を取り去って体験していただきたいです。私たちもそんなつもりで臨んでいます。私自身も劇作家・演出家としてこの作品に携わっているという感覚は全くなく、他の何かでそこにいます。劇場でお待ちしております!!

庭劇団ペニノ「蛸入道 忘却ノ儀」

2019年10月11日(金)~15日(火)
京都府 ロームシアター京都 ノースホール

作・演出:タニノクロウ
構成:玉置潤一郎、山口有紀子、吉野万里雄
出演(五十音順):木下出、島田桃依、永濱佑子、西田夏奈子日高ボブ美、森準人、森山冬子、山田伊久磨

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2019」

2019年10月5日(土)~27日(日)
京都府 ロームシアター京都、京都芸術センター、京都芸術劇場 春秋座、京都府立府民ホール“アルティ”、Theatre E9 Kyoto ほか

ステージナタリーをフォロー