ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

花總まりがオーケストラの演奏と共に“女王”の物語をつづるコンサート

474

花總まりのコンサート「プレミアムシンフォニックコンサート~花總まり・愛に生きた女王を綴る~」が、2020年1月から3月にかけて東京、大阪、愛知で開催される。

これは、花總が宝塚歌劇団時代からこれまでに演じた“女王”の物語を、歌や語り、オーケストラの演奏で紡ぐコンサート。花總はこれまでにオーストリア皇后を描いたミュージカル「エリザベート」や、エリザベス1世の波乱の人生をつづる「レディ・ベス」、フランス王妃と庶民の娘を主軸とした「マリー・アントワネット」などでタイトルロールを務めてきた。今回のコンサートではエリザベートより「夜のボート」、「マリー・アントワネット」より「明日は幸せ」などの楽曲が披露される予定だ。

公演は2020年1月17日に東京・Bunkamura オーチャードホール、2月23日に大阪・NHK大阪ホール、3月1日に愛知・愛知県芸術劇場 大ホールにて。

「プレミアムシンフォニックコンサート~花總まり・愛に生きた女王を綴る~」

2020年1月17日(金)
東京都 Bunkamura オーチャードホール

2020年2月23日(日・祝)
大阪府 NHK大阪ホール

2020年3月1日(日)
愛知県 愛知県芸術劇場 大ホール

出演:花總まり、古澤巌(Vn)、塩谷哲(Pf)
指揮:角田鋼亮
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

ステージナタリーをフォロー