ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「関西演劇祭」受賞団体に劇団コケコッコー・夕暮れ社弱男ユニット、第2回開催も

201

「『関西演劇祭』お前ら、芝居たろか!」総括式典より。

「『関西演劇祭』お前ら、芝居たろか!」総括式典より。

「『関西演劇祭』お前ら、芝居たろか!」の総括式典が昨日9月29日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA SSホールで行われ、各賞の受賞団体および受賞者が発表された。

ベスト脚本賞とベスト演出賞に輝いたのは、劇団コケコッコーの野村尚平。審査員特別賞を夕暮れ社 弱男ユニット、観客賞を劇団コケコッコーが受賞した。またベストアクター賞にはオパンポン創造社「最後の晩餐」に出演した川添公二、ベストアクトレス賞には同じく「最後の晩餐」に出演した一瀬尚代が選出されている。

「関西演劇祭」は、関西のクリエイターと劇団、観客の出会いの場を提供することを目指す演劇祭。9月21日から28日までの期間、オパンポン創造社、幻灯劇場、劇団コケコッコー、三等フランソワーズ、ザ・プラン9、東洋企画、中野劇団、なりそこないプリンセス、夕暮れ社 弱男ユニット、遊劇舞台二月病が熱演を繰り広げた。

なお「第2回『関西演劇祭』」が2020年9月に開催されることも決定した。

「『関西演劇祭』お前ら、芝居たろか!」

2019年9月21日(土)~29日(日)※終了

実行委員長:キムラ緑子
フェスティバル・ディレクター:板尾創路
SPサポーター(審査員):西田シャトナー行定勲 ほか
参加劇団(五十音順):オパンポン創造社幻灯劇場、劇団コケコッコー、三等フランソワーズ、ザ・プラン9、東洋企画、中野劇団、なりそこないプリンセス、夕暮れ社 弱男ユニット遊劇舞台二月病

ステージナタリーをフォロー