ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「東京芸術祭2019」野外公園での新作能「IKEBUKURO薪能」で幕開け

206

伝統芸能@野外公園 IKEBUKURO薪能「能楽Quest」(東アジア文化都市2019豊島スペシャル事業)より。(シテ:観世喜正、撮影:新宮夕海)

伝統芸能@野外公園 IKEBUKURO薪能「能楽Quest」(東アジア文化都市2019豊島スペシャル事業)より。(シテ:観世喜正、撮影:新宮夕海)

IKEBUKURO薪能「能楽Quest」が9月21日に東京・東池袋中央公園で行われた。

「東京芸術祭2019」のオープニングを飾る本企画は、屋外で日本の伝統芸能を鑑賞することができるイベント。能の古典「松虫」「小鍛冶」「皇帝」「楊貴妃」「石橋」などが随所にちりばめたオムニバス形式の新作能が上演され、稲荷明神・小狐丸 / 白獅子役を、本公演の構成・演出を手がける観世喜正が勤めた。

「東京芸術祭2019」は今後、東京・豊島区池袋エリアを中心に11月23日まで開催される。

伝統芸能@野外公園 IKEBUKURO薪能「能楽Quest」(東アジア文化都市2019豊島スペシャル事業)

2019年9月21日(土)18:00~ ※公演終了
東京都 東池袋中央公園 特設能舞台

構成・演出:観世喜正、奥川恒治

ステージナタリーをフォロー