ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

“人生の歓喜”をテーマに大スペクタクルを、「新版 オグリ」に猿之助ら意気込み

384

「スーパー歌舞伎II(セカンド)『新版 オグリ』」制作発表記者会見より。左から横内謙介、杉原邦生、市川猿之助、中村隼人、松竹の安孫子正副社長。

「スーパー歌舞伎II(セカンド)『新版 オグリ』」制作発表記者会見より。左から横内謙介、杉原邦生、市川猿之助、中村隼人、松竹の安孫子正副社長。

「スーパー歌舞伎II(セカンド)『新版 オグリ』」の製作発表記者会見が、本日8月1日に東京都内で行われた。会見には、小栗判官役を交互出演で勤める市川猿之助中村隼人、また脚本を手がける横内謙介、演出の杉原邦生、松竹の安孫子正副社長が出席した。

「新版 オグリ」は、「空ヲ刻ム者―若き仏師の物語―」「ワンピース」に続くスーパー歌舞伎IIの第3弾で、1991年に三代目市川猿之助(現・市川猿翁)の手によって初演された「スーパー歌舞伎『オグリ』」を、新解釈により立ち上げる。

安孫子副社長が「小栗判官の逸話は、江戸時代の庶民なら誰でも知っていたお話。今回は新しい視点を盛り込み、令和の時代における新しい歌舞伎を作っていただきたい」と作品への期待を述べると、「ワンピース」に続きスーパー歌舞伎IIの脚本を担当する横内は、「軽く現代版として置き換えるぐらいかな、と考えていたら、猿之助さんはかなり大胆なプランを持っていらして。新版として、僕たちなりの新しい『オグリ』をやらせていただこうと思っています」と気合十分に答える。また「初演の『オグリ』は、先代(猿翁)がお弟子さんたちと共に戦い抜き、オグリの身体の中に世界を描くイメージでしたが、当代の猿之助さんは仲間の中の自分を大切にしていて、大きな世界の中にオグリが生きているイメージ。そういったところをポイントに物語を立ち上げていきたい」と構想を語る。さらに「先代からは、(原作の)梅原猛さんの骨太な作品と比べ、僕の作品は骨が細いと言われていますが(笑)、それを逆手に取って、等身大で悩むオグリがあってもいいのかなと」と微笑んだ。

杉原は、猿之助から新版のテーマが“人生の歓喜”であることを伝えられたと話し、「過去や個人的な規律に縛られ、自由を求める登場人物たちは、“自分さえよければいい”と自己愛による自由の履き違えをしてしまいます。そのために地獄に堕ち、餓鬼病という苦難を受けますが、他者からの助けで乗り越え、本当の自由とは何か、そして人生の歓びとは何かを知っていく。そこにしっかりフォーカスを当てて演出していきたい」と意気込みを述べる。また今回、杉原はオグリとその仲間である小栗党たちを“現代の若者”と解釈したと言い、「街中にいるヤンキーを意識して、ストリート系ファッションのテイストを衣装に取り入れる予定です。具体的には“ラグジュアリーストリート”という路線なんですけど、猿之助さんに提案したら、『何それ?』と(笑)」と語り、会場を笑いで包んだ。さらに初演では暗いイメージで描かれた地獄のシーンを、「現世と地獄が表裏一体になっているイメージで、真っ白な世界にしたい。地獄を面白い空間にできたら」と目標を掲げた。

「本当は杉原1人に演出をやらせたかったのですが、『荷が重い』と言うので……」と語り会場を和ませた猿之助は、「彼は、僕が想像も出来ない発想で(作品を)引っ張っていってくれる。ただ発想が突飛すぎて……(笑)。でもこちらが予想できることを言ってくるのは並の人ですから。『地獄が白ってどういうことだよ?』なんて言いつつ、彼には大変期待をしております」と杉原に厚い信頼を寄せた。

また隼人とのWキャストについては、「オグリは若者の役ですが、僕は技術で見せる若さ、隼人くんは実年齢で見せる若さというところが、それぞれ違う魅力として出てくるのではないでしょうか」と話し、2人が交互に演じるもう1つの役、遊行上人役については「初演では私の父が演じていたのですが、ものすごくいい役。歌舞伎に出てくるお坊さんは悟っていることが多いですが、この遊行上人は『(宗教が)本当に人を救えるのだろうか?』という迷いがある。そこを今回は前面に押し出して、オグリも悩んでいるし、遊行上人も悩んでいる、という姿を描きたい」と語った。

演出的な見どころとしては、「血の池地獄のシーンが大スペクタクルになると思います。『ワンピース』以上に水浸しになるはず」と観客の期待を煽り、「ラストは“踊る宗教”みたいな、本当にわけのわからない芝居になるかもしれませんが(笑)、絶対に観て面白かった、楽しかったと思っていただけるものを作ります」と言葉に力を込めた。

「スーパー歌舞伎『オグリ』」初演時の1991年には、まだ生まれていなかったと言う隼人は、「『ヤマトタケル』や『オグリ』の話は父からずっと伺っていたので、今回オグリ役を演じさせていただくことに、自分自身、驚いています」と笑顔を見せる。さらに「小栗判官は、荒くれ者たちを束ねて道を示す人ですが、僕にとっては猿之助兄さんがまさにそういう方。歌舞伎の世界でどうやって生きていくか悩んでいた時期に、兄さんが道を示してくれました。そのおかげで今の僕があります」と猿之助への思いを語った。

公演は10月6日から11月25日まで東京・新橋演舞場、2020年2月4日から25日に福岡・博多座、3月4日から26日まで京都・南座にて。東京公演の電話・Webでのチケット販売は10月公演分が8月18日、11月公演分が9月15日に開始される。

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

「スーパー歌舞伎II(セカンド)『新版 オグリ』」

2019年10月6日(日)~11月25日(月)
東京都 新橋演舞場

2020年2月4日(火)~25日(火)
福岡県 博多座

2020年3月4日(水)~26日(木)
京都府 南座

原作:梅原猛
脚本:横内謙介
演出:市川猿之助杉原邦生
スーパーバイザー:市川猿翁

出演

藤原正清後に小栗判官、遊行上人:市川猿之助 / 中村隼人(交互出演)

坂東新悟、市川男寅、中村玉太郎、中村福之助、市川笑也、市川男女蔵、市川笑三郎、市川寿猿、市川弘太郎、市川右近、市村竹松、市川猿弥、市川門之助 / 石橋正次、下村青、石黒英雄、高橋洋、嘉島典俊、浅野和之

※高橋洋の「高」ははしご高が正式表記。

ステージナタリーをフォロー