ニカサン「うまく落ちる練習」人類が絶滅に向かう架空の未来描く

113

ニカサン「うまく落ちる練習」が、8月2日から4日まで東京・ANOMALY、9月14日から16日まで京都・京都芸術センター 講堂で上演される。

ニカサン「うまく落ちる練習」チラシ(写真:三野新)

ニカサン「うまく落ちる練習」チラシ(写真:三野新)

大きなサイズで見る(全2件)

ニカサン「うまく落ちる練習」チラシ

ニカサン「うまく落ちる練習」チラシ[拡大]

「うまく落ちる練習」は、ニカサンの三野新が2018年8月に発表した「アフターフィルム」と、同年10月に発表した「『息』をしつづけている」をもとに創作される作品。“投身練習場”という健康増進パークを舞台に、人類が絶滅に向かう架空の未来が描かれる。出演者には菊地敦子、ヌトミックの深澤しほ、藤家矢麻刀、ミニスキュル・シングスの立川貴一が名を連ねた。

なお8月3日24:00開演回は、終演後に始発までライブアクトやトークが行われるオールナイトイベント「うまく落ちる練習の練習」が開催され、トークにはゲストとして、Chim↑Pomの卯城竜太と松田修が登壇する。

この記事の画像(全2件)

ニカサン「うまく落ちる練習」

2019年8月2日(金)~4日(日)
東京都 ANOMALY

2019年9月14日(土)~16日(月・祝)
京都府 京都芸術センター 講堂

脚本・写真:三野新
演出:三野新と出演者たち
出演:菊地敦子深澤しほ、藤家矢麻刀、立川貴一

全文を表示

関連記事

三野新のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 三野新 / 菊地敦子 / 深澤しほ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします