ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

勘九郎&七之助「平成中村座小倉城公演」に意気込み「父の熱い魂を宿して」

1362

左から中村七之助、中村勘九郎。

左から中村七之助、中村勘九郎。

11月に福岡・小倉城 勝山公園 特設劇場で開催される「平成中村座小倉城公演」の製作発表記者会見が、本日6月26日に東京都内で行われた。

平成中村座は「江戸時代の芝居小屋を現代に復活させ、多くの方々に歌舞伎を楽しんでいただきたい」という十八世中村勘三郎の思いから、2000年に誕生。初の九州公演となる今回は、小倉城天守閣再建60周年と博多座20周年の特別企画として実施される、昼の部では「神霊矢口渡」「お祭り」「恋飛脚大和往来 封印切」、夜の部では小倉藩で起こったお家騒動を題材にした通し狂言「小笠原騒動」が披露される。

記者会見には出演者の中村勘九郎中村七之助のほか、主催の博多座より相良直文常勤相談役、同じく主催のテレビ西日本より荻孝浩取締役、製作の松竹より安孫子正代表取締役副社長が出席した。

勘九郎は父・勘三郎が平成中村座を始めたことには、香川・金丸座との出会いや、唐十郎の「蛇姫様」を観劇した経験が大きな影響を与えていたと言い、「俳優と観客が一体になれる小屋でやりたいという思いが父にはあった」と振り返る。自身の考える平成中村座の魅力は「タイムスリップしたような気持ちになれる芝居小屋」だと話し、九州・豊前国を舞台にした「小笠原騒動」で岡田良助と犬神兵部を演じることについては「夢でした」と喜びをあらわにした。

七之助は今回の平成中村座に中村獅童が出演することに言及し「兄と芝居をするのも、獅童さんと3人で出演するのもひさしぶりなのですごくうれしい」と感慨深げな表情を見せる。また平成中村座の魅力については「靴を脱いでご覧いただくので、リラックスしながら緊張せず歌舞伎を観ていただけると思います」と話した。

これまでの平成中村座公演でも、職人たちの店が入る“五軒長屋”が設けられてきたが、今回の小倉城公演には20店舗による“二十軒長屋”が登場。勘九郎は、この二十軒長屋にはチケットがなくても入場できることを紹介し、「飲食系のお店も入る予定なので、出演者もここでお昼を食べるかも。芝居を観たりご飯を食べたりお土産を買ったりして、生活と一体になる感じが素敵。『ラーメン屋を必ず入れて』とお願いしています(笑)」とコメントして会場を和ませる。これを受けた七之助も「目当ては中村座でなくても構いませんので(笑)、お酒を飲みながらふらっと小屋にも来ていただけたら。普通の劇場ではチケットの買い方や服装で迷ってしまう方も、今回はお祭のように楽しんでほしい」とメッセージを送った。

会見では、勘九郎と七之助が亡き父・勘三郎への思いを語る場面も。「九州のお客様は熱い」と言う勘九郎は、「博多座で『四谷怪談』を上演したとき、父が毒薬を飲む場面で客席から『飲まんとよ!』と声がかかった」とエピソードを披露し、「良い芝居をすればお客様が乗ってくださるのだなと。僕たちも父の熱い魂や心を宿し、感謝の気持ちを持って演じたい」と抱負を述べる。

「父は、盛り上げると3倍、4倍の声援で返してくれる九州が、本当に大好きだったと思う」と言う七之助は、勘三郎の襲名披露公演を勘九郎(当時は勘太郎)がケガで休演した際、勘三郎が出ずっぱりで出演していたことに触れて「兄のためでもあったのでしょうが、九州だからやれたのでは」と口にし、平成中村座初の九州公演に向け「父の魂と共に良いものにしたい」と意気込みを語った。

なお本作には勘九郎、七之助、獅童に加え、坂東彌十郎も出演する。公演は11月1日から26日まで。チケットの一般販売は9月21日10:00にスタート。

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

小倉城天守閣再建60周年「平成中村座小倉城公演」

2019年11月1日(金)~26日(火)
福岡県 小倉城 勝山公園 特設劇場

昼の部

一、「神霊矢口渡」
娘お舟:中村七之助
渡し守頓兵衛:坂東彌十郎

二、「お祭り」
鳶頭:中村勘九郎

三、「恋飛脚大和往来 封印切」
亀屋忠兵衛:中村獅童
傾城梅川:中村七之助
丹波屋八右衛門:中村勘九郎

夜の部

通し狂言「小笠原騒動」
作:勝諺蔵
脚色:大西利夫
補綴・演出:奈河彰輔

岡田良介 / 犬神兵部:中村勘九郎
お大の方 / 良介女房おかの:中村七之助
奴菊平 / 小笠原隼人:中村獅童

ステージナタリーをフォロー