ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「ハデスタウン」がトニー賞8部門受賞、井上芳雄「どの作品にも希望がある」

1048

第73回トニー賞授賞式より。(c)Getty Images

第73回トニー賞授賞式より。(c)Getty Images

第73回トニー賞授賞式が、日本時間の本日6月10日にアメリカ・ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで行われた。

トニー賞は、該当期間中にブロードウェイで上演された演劇・ミュージカル作品を対象とするアワード。今回はミュージカル作品賞を「ハデスタウン」、ミュージカルリバイバル作品賞を「オクラホマ!」、演劇作品賞を「ザ・フェリーマン」、演劇リバイバル作品賞を「真夜中のパーティー」が受賞した。

またミュージカル主演男優賞を「トッツィー」のサンティーノ・フォンタナ、ミュージカル主演女優賞を「ザ・シェール・ショー」のステファニー・J・ブロック、演劇主演男優賞を「ネットワーク」のブライアン・クランストン、演劇主演女優賞を「ザ・ウェイヴァリー・ギャラリー」のエレイン・メイがそれぞれ獲得。なお今回の授賞式では、ジェームズ・コーデンが司会を担当した。

本日10日8:00からは、WOWOWプライムで「生中継!第73回トニー賞授賞式」がオンエアされた。日本のスタジオでは、ナビゲーターの井上芳雄が大貫祐一郎のピアノに乗せ、第73回トニー賞ノミネート作品の楽曲メドレーを生披露。井上は、トニー賞への期待やブロードウェイで観劇した際の思い出を歌詞に交えながら「キス・ミー・ケイト」の「Another Op'nin',Another Show」や「オクラホマ!」の「Oklahoma」を日本語で歌唱する。さらに「ハデスタウン」の「Way Down Hadestown」では、井上の呼び込みに応えてスペシャルゲストの堂本光一が姿を現し、井上と声を合わせて高らかに歌った。

その後2人が改めて着席し、番組がスタート。朝早く起きることが苦手だと言う堂本が「一睡もしてない(笑)」と話すと、井上から即座に「なんでだよ! 眠ってきてくれよ!」とツッコミが入り、スタジオは笑いに包まれた。

日本時間10日9:00にスタートするトニー賞授賞式を前に、日本のスタジオでは視聴者からの質問への回答や、トニー賞アンバサダーの宮本亜門が授賞式の魅力を語るVTRなどを交えつつ番組が進行。また授賞式の合間には、視聴者による受賞作予想投票の結果発表や、VTR出演の生田絵梨花が出題するトニー賞クイズも組み込まれ、番組を盛り上げる。堂本や井上は終始和気あいあいとトークを繰り広げ、時折興奮気味になりながらノミネートされた俳優陣や受賞作の魅力を語った。

授賞式の中継が終了すると、日本のスタジオにはゲストとして新作ミュージカル「怪人と探偵」キャストの中川晃教加藤和樹大原櫻子が登場し、杉本雄治(WEAVER)作曲、森雪之丞作詞、島健編曲の劇中歌「微笑みの影」を初披露。さらにその後、同じくゲストの海宝直人がスタジオで「ノートルダムの鐘」より「陽ざしの中へ」を力強く歌い上げると、井上や堂本から大きな拍手が送られた。

番組の最後には、今後日本で上演されるミュージカルの注目タイトルの紹介も。堂本は日本のミュージカルへの期待を口にしつつ、「『(トニー賞が)ああ、終わっちゃった』って感じで寂しい。エンタテインメントって素晴らしいな、と改めて感じました」と今回の授賞式の感想を語る。井上も「オープニングの歌だけで感動した。エンタテインメントをやっていてよかったと思いました。どの作品にも必ず希望があるのが素晴らしかった」と授賞式を振り返り、「また来年お会いしましょう!」とメッセージを送って番組を締めくくった。

6月15日19:00からは、第73回トニー賞授賞式の字幕版が放送されるので、生中継を見逃した人はぜひチェックしてみては。

なおステージナタリーでは、WOWOW「生中継!第73回トニー賞授賞式」の特集を展開中。ミュージカルと演劇の各部門で作品賞にノミネートされた5作品の紹介や、井上が授賞式への思いを語るコメントも掲載している。

WOWOWライブ「第73回トニー賞授賞式 字幕版」

2019年6月15日(土)19:00~

ステージナタリーをフォロー