ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

青木豪が中上健次の小説を野外劇に、椿組「芙蓉咲く路地のサーガ」

272

椿組「『芙蓉咲く路地のサーガ』 ~熊野にありし男の物語~」が、7月10日から22日まで東京・花園神社 境内特設ステージで上演される。

夏の恒例である椿組の野外劇が、今年も花園神社に登場。今回は、芥川賞作家・中上健次の作品集「岬」「枯木灘」「地の果て至上の時」を原作に、青木豪が脚本・演出を手がける。紀州・熊野の“路地”と呼ばれる被差別部落では、複雑な家庭環境の人々がひしめきあって暮らしていて……。主人公・秋幸とその家族を中心とした“血の物語”を、総勢34名のキャストで立ち上げる。

キャストには、加治将樹山本亨、文学座の粟野史浩、佐古真弓、てがみ座の石村みか、扉座の犬飼淳治中野英樹、サスペンデッズの佐藤銀平のほか、下元史朗辻親八水野あや外波山文明らが名を連ねた。また主題歌を山崎ハコ、振付をCHAiroiPLINのスズキ拓朗が担当する。チケットの一般販売は5月27日13:00にスタート。

椿組2019年夏・花園神社野外劇「『芙蓉咲く路地のサーガ』 ~熊野にありし男の物語~」

2019年7月10日(水)~22日(月)
東京都 花園神社 境内特設ステージ

原作:中上健次「岬」「枯木灘」「地の果て至上の時」より
脚本・演出:青木豪
主題歌:山崎ハコ
振付:スズキ拓朗
出演:加治将樹山本亨粟野史浩、佐古真弓、石村みか犬飼淳治中野英樹佐藤銀平 / 田渕正博、木下藤次郎、鳥越勇作、趙徳安、斉藤健 / 井上カオリ岡村多加江、浜野まどか、瀬山英里子、山中淳恵 / 佐久間淳也、鈴木幸二、宮澤和之、根本大介、荒牧大道、鹿野宗健、山内昭宏、外波山流太 / 中島愛子、ジョニー、薩川朋子、望月麻里 / 下元史朗辻親八水野あや外波山文明

ステージナタリーをフォロー