ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

平成最後の大歌舞伎、新たな元号を祝う新作「平成代名残絵巻」で幕開け

413

「四月大歌舞伎」が、本日4月2日に東京・歌舞伎座で開幕した。

今年2019年の「四月大歌舞伎」は、平成の元号で上演される最後の大歌舞伎。昼の部は、新たな元号・令和を迎える節目を記念して作られた平成の世を讃える新作「平成代名残絵巻(おさまるみよなごりのえまき)」が幕開きを飾り、源平合戦の時代を舞台に、源氏と平家の人々が新たな時代に思いを馳せる物語が描かれた。

このほか昼の部では「新版歌祭文」「寿栄藤末廣」「鈴ヶ森」、夜の部では「実盛物語」「黒塚」「二人夕霧」が上演され、坂田藤十郎尾上菊五郎中村吉右衛門片岡仁左衛門らが出演する。公演は4月26日まで。

「四月大歌舞伎」

2019年4月2日(火)~26日(金)
東京都 歌舞伎座

昼の部

「平成代名残絵巻」「新版歌祭文」「寿栄藤末廣」「鈴ヶ森」

夜の部

「実盛物語」「黒塚」「二人夕霧」

無断転載禁止

ステージナタリーをフォロー