ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

松田龍平が宮沢賢治に、生と死をつなぐ「イーハトーボの劇列車」が“出発”

482

こまつ座 第126回公演「イーハトーボの劇列車」より。(撮影:宮川舞子)

こまつ座 第126回公演「イーハトーボの劇列車」より。(撮影:宮川舞子)

こまつ座「イーハトーボの劇列車」が、昨日2月5日に東京・紀伊國屋ホールで開幕した。

「イーハトーボの劇列車」は、井上ひさし作による宮沢賢治の評伝劇。井上の没後10年目を記念した企画「井上ひさしメモリアル10」の1演目として上演される今回は、長塚圭史が演出を手がける。

主人公・宮沢賢治役を演じるのは、今作が舞台初主演となる松田龍平。賢治と親しい人物や、賢治が描いた童話の世界の住人、さらにはあの世に旅立つ亡霊の役として作品世界を彩るキャストには、山西惇岡部たかし村岡希美土屋佑壱松岡依都美天野はな紅甘小日向星一福田転球中村まこと宇梶剛士が名を連ねた。

上演時間は休憩ありの約3時間30分。東京公演は2月24日まで。3月には各地方にて上演される。

こまつ座 第126回公演「イーハトーボの劇列車」

2019年2月5日(火)~24日(日)
東京都 紀伊國屋ホール

2019年3月
地方公演あり。

作:井上ひさし
演出:長塚圭史
出演:松田龍平山西惇岡部たかし村岡希美土屋佑壱松岡依都美天野はな紅甘小日向星一福田転球中村まこと宇梶剛士

ステージナタリーをフォロー