ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

高橋正徳演出、文学座研究所の研修科卒業発表会「ロミオとジュリエット」開幕

405

文学座附属演劇研究所2018年度研修科卒業発表会「ロミオとジュリエット」より。(撮影:宮川舞子)

文学座附属演劇研究所2018年度研修科卒業発表会「ロミオとジュリエット」より。(撮影:宮川舞子)

文学座附属演劇研究所の2018年度研修科卒業発表会「ロミオとジュリエット」が、昨日1月25日に東京・文学座アトリエで開幕した。

文学座附属演劇研究所は、本科、研修科からなる文学座の養成機関。卒業を控える第56期生が挑むのは、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」だ。演出は、昨年2018年上演の文学座9月アトリエの会「かのような私‐或いは斎藤平の一生-」を手がけた高橋正徳が務める。上演時間は途中休憩ありの約3時間。公演は1月27日まで。前売り券は完売しており、当日券の販売は行われない。

なお、稲葉賀恵が演出を手がける本科昼間部の卒業発表会「春のめざめ」は2月15日から17日まで、小林勝也が演出を担当する夜間部卒業発表会「真夏の夜の夢」は2月22日から24日まで同会場にて行われる。「春のめざめ」の予約は2月3日12:00、「真夏の夜の夢」の予約は2月11日12:00に受付スタート。

文学座附属演劇研究所2018年度研修科卒業発表会「ロミオとジュリエット」

2019年1月25日(金)~27日(日)
東京都 文学座アトリエ

作:ウィリアム・シェイクスピア
訳:小田島雄志
演出:高橋正徳

文学座附属演劇研究所2018年度本科(58期生)昼間部卒業発表会「春のめざめ」

2019年2月15日(金)~17日(日)
東京都 文学座アトリエ

作:フランク・ヴェデキント
訳:酒寄進一(岩波書店刊)
演出:稲葉賀恵

文学座附属演劇研究所2018年度本科(58期生)夜間部卒業発表会「真夏の夜の夢」

2019年2月22日(金)~24日(日)
東京都 文学座アトリエ

原作:ウィリアム・シェイクスピア(小田島雄志訳「夏の夜の夢」より)
潤色:野田秀樹
演出:小林勝也

ステージナタリーをフォロー