ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

東京バレエ団、プティパ生誕200年記念「海賊」に上野水香・柄本弾・宮川新大ら

160

東京バレエ団「海賊」ビジュアル。左から上野水香、柄本弾、宮川新大。(Photo by Shoko Matsuhashi)

東京バレエ団「海賊」ビジュアル。左から上野水香、柄本弾、宮川新大。(Photo by Shoko Matsuhashi)

東京バレエ団「海賊」が、3月15日から17日まで東京・東京文化会館で上演される。

アンナ=マリー・ホームズ版の振付を取り上げる「海賊」は、マリウス・プティパ生誕200年の締めくくりとして上演される作品。19世紀の詩人・バイロンの物語詩から想を得て創作された本作では、オスマン帝国が支配する地中海世界を舞台に、海賊たちの愛と冒険が描かれる。なお同演目は東京バレエ団にとって今回が初演となる。

3月15日と17日はメドーラ役を上野水香、コンラッド役を柄本弾、アリ役を宮川新大、ギュルナーラ役を川島麻実子、16日にはメドーラ役を沖香菜子、コンラッド役を秋元康臣、アリ役を池本祥真、ギュルナーラ役を伝田陽美が務める予定。指揮はケン・シェ、演奏は東京ニューシティ管弦楽団が担当するほか、ミラノ・スカラ座製作の装置や衣装も見どころとなっている。上演時間は約2時間30分。

東京バレエ団 プティパ生誕200年記念「海賊」プロローグ付全3幕

2019年3月15日(金)~17日(日)
東京都 東京文化会館

振付:アンナ=マリー・ホームズ(マリウス・プティパ、コンスタンチン・セルゲイエフに基づく)
音楽:アドルフ・アダン、チェーザレ・プーニ、レオ・ドリーブ、リッカルド・ドリゴ、ペーター・フォン・オルデンブルク
編曲:ケヴィン・ガリエ
装置・衣装:ルイザ・スピナテッリ

予定される主な配役

3月15日(金)
メドーラ:上野水香
コンラッド:柄本弾
アリ:宮川新大
ギュルナーラ:川島麻実子

3月16日(土)
メドーラ:沖香菜子
コンラッド:秋元康臣
アリ:池本祥真
ギュルナーラ:伝田陽美

3月17日(日)
メドーラ:上野水香
コンラッド:柄本弾
アリ:宮川新大
ギュルナーラ:川島麻実子

ステージナタリーをフォロー