ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「七色いんこ」開幕、伊藤純奈&松田好花「いい意味で“アイドルらしくない”舞台に」

184

「七色いんこ」公開ゲネプロより。左から松田好花(けやき坂46)演じる千里万里子、伊藤純奈(乃木坂46)演じる七色いんこ。

「七色いんこ」公開ゲネプロより。左から松田好花(けやき坂46)演じる千里万里子、伊藤純奈(乃木坂46)演じる七色いんこ。

舞台「七色いんこ」が本日10月4日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕。公演に先駆けて初日会見と公開ゲネプロが行われた。

本作は「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載された、手塚治虫の同名マンガを原作とする作品。舞台版では脚本を畑雅文、演出を三浦香が担当する。七色いんこは、観客から盗みを働くのを劇場と劇団から見逃してもらうことを条件に、どんな代役でも引き受けて見事に演じる天才役者。女刑事の千里万里子は七色いんこに恋心を抱きつつも、彼を捕えようと追い回し……。

初日会見には、七色いんこ役の乃木坂46伊藤純奈、千里万里子役を務めるけやき坂46・松田好花が登壇。初日を前にした伊藤は「稽古期間が短くて、(松田)好花ちゃんと時間がそろうこともなかなかなかったのですが、演出家の三浦香さんはじめカンパニーの皆さんが優しくいろいろと教えてくださって。なんの心配もなく本番を迎えられそうです」と自信をのぞかせる。一方の松田は「私はこういった舞台に立つのが2回目なので、すごく緊張していますが、共演の方々にたくさんアドバイスしていただいたことを、しっかりと本番に生かせるようがんばります」と意気込みを語った。

“男性らしい歩き方”を振付の先生から指南してもらったと言う伊藤は、自身が演じる七色いんこについて「最初は“男”“天才役者”というパワーワードに、おおっ!となりました(笑)」と振り返り、「アドバイスしてくれる方が周りにたくさんいたので、深く考え過ぎず、いろんな役柄を演じる場面も、『いんこがその役になりきっている』と、いんことして考えていました」と舞台裏を明かす。

そんな伊藤の姿を相手役として見てきた松田は「(伊藤が)稽古を重ねるごとにいんこに見えてきて、本当に男だなって思いました」と賞賛を送る。そんな松田の演技について伊藤が「歩き方がアニメっぽくてかわいい」と発言すると、松田は照れ笑いを浮かべた。

最後に伊藤は「いい意味で“アイドルらしくない”舞台にできるようがんばります。『濃い時間だったな』というものを見せられたら」と締めくくった。公演は10月8日まで。

舞台「七色いんこ」

2018年10月4日(木)~8日(月・祝)
東京都 AiiA 2.5 Theater Tokyo

原作:手塚治虫
脚本:畑雅文
演出:三浦香
出演:伊藤純奈乃木坂46)、松田好花(けやき坂46) / 豊島美優、今村美歩岡村さやか高橋紗妃蘭舞ゆう後藤紗亜弥、山崎紫生 / 清水彩、藤山由依、伊藤菜実子、雄賀多あや、内藤由利子、亀岡菜花、久保田真理 / 柿丸美智恵 / 悠未ひろ

※山崎紫生の「崎」は立つ崎(たつさき)が正式表記。

(c)舞台「七色いんこ」製作委員会

ステージナタリーをフォロー