ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

五十嵐麻朝が芸能界を引退、最後のステージは「炎の蜃気楼」

1468

五十嵐麻朝が、舞台「炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース」の公演をもって芸能界を引退することを発表した。

本日8月9日、五十嵐は自身のブログを更新し、「ファンの皆様へ いつも応援して頂きありがとうございます。14年間芸能界の道を歩んできましたが、芸能界を引退する事を決意しました」と報告。同エントリーで五十嵐は、所属事務所であるスターダストプロモーションと話し合いのうえ、円満な形で引退を決意したことや、ファン、関係者への思いを明かすと共に、「人生は一度しかなく、いろんな世界を経験したい、後悔したくないと考えました」「急な発表になりますが、これからは、別の形で皆さんの事を応援出来るような男になります!」とつづった。

五十嵐は1985年青森県出身。2008年にノンノボーイフレンド大賞を受賞し、その後は、舞台や映像で幅広く活動した。近年は「舞台『私のホストちゃん』」シリーズや「B-PROJECT on STAGE『OVER the WAVE!』」などに出演。最後の出演作となる舞台「炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース」は、8月11日に東京・全労済ホール / スペース・ゼロで開幕する。

ステージナタリーをフォロー