ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

あのタイムマシンが現れた!「ブルース」と「ワンスモア」キャストが勢ぞろい

691

ヨーロッパ企画の20周年ツアー公演「サマータイムマシン・ブルース」と「サマータイムマシン・ワンスモア」のビジュアルが公開された。

公開されたビジュアルは、2018年が舞台の「サマータイムマシン・ワンスモア」に登場する13名が、15年前の「サマータイムマシン・ブルース」時代のキャンパスへ行き、10名の登場人物と一緒に記念写真を撮る、というコンセプトで撮影されたもの。撮影は、旗揚げメンバーの思い出の地でもある同志社大学の田辺キャンパスで行われ、濱田英明が撮影を、堀口努がアートディレクションを担当した。

また新作「サマータイムマシン・ワンスモア」について、主宰で作・演出を手がける上田誠は「『ブルース』の15年後、あいつらが再び部室に戻ってくる話。ワンスモアというくらいですからもう1回タイムマシンを使うのでしょう。けどタイムマシンを使ったってあの夏の日は戻ってきません。今の力でもう一度、SF青春群像劇を作ってみようと思います」とコメントしている。

「サマータイムマシン・ブルース」は、2001年に初演され、03年に再演、05年に本広克行監督により映画化もされたヨーロッパ企画の代表作。真夏のある日、とある大学のSF研究会の部室に突然、“タイムマシン”が現れた。それが本物らしいと知った彼らは、壊れる前のクーラーのリモコンを取りに、“昨日”へ行くことにし……。その続編となる「サマータイムマシン・ワンスモア」は、タイムマシンが現われた“あの日の夏”からの15年後を描く。SF研究会の元メンバーたちと、隣のカメラクラブの部員たちは再びあの部室を訪れるが……。

チケットは、東京・大阪・愛媛公演は6月16日、高知・愛知・福岡公演は6月30日、広島公演は7月7日、北海道・神奈川公演は7月21日に一般販売を開始する。栗東プレビューおよび京都公演は完売している。

上田誠コメント

「サマータイムマシン・ワンスモア」について

大学生のころに、「サマータイムマシン・ブルース」という劇を作りました。SF研究会の部室に、タイムマシンが現れ、クーラーのリモコンを巡って今日と昨日を行ったり来たりする、という話。SF青春群像劇、と謳ってました。
当時は青い檸檬のようだった我々も、今では結成20年の節目を迎え、終演後の楽屋には子連れが増え、鏡前には薬が並び。そしてメンバーはそれほど変わってませんでした。
そこで、あいつらの今はどうだろう、と思いを馳せたのが「サマータイムマシン・ワンスモア」です。「ブルース」の15年後、あいつらが再び部室に戻ってくる話。ワンスモアというくらいですからもう1回タイムマシンを使うのでしょう。けどタイムマシンを使ったってあの夏の日は戻ってきません。今の力でもう一度、SF青春群像劇を作ってみようと思います。

ヨーロッパ企画20周年ツアー 第37回公演「サマータイムマシン・ブルース」 / 第38回公演「サマータイムマシン・ワンスモア」

2018年7月28日(土)
滋賀県 栗東芸術文化会館さきら 中ホール
※プレビュー公演。「サマータイムマシン・ワンスモア」のみ上演。

2018年8月9日(木)~12日(日)
京都府 京都府立文化芸術会館

2018年8月17日(金)~9月9日(日)
東京都 本多劇場

2018年9月12日(水)~28日(金)
大阪府 ABCホール

2018年9月30日(日)
愛媛県 西条市丹原文化会館 大ホール
※「サマータイムマシン・ワンスモア」のみ上演。

2018年10月2日(火)
高知県 高知県立県民文化ホール グリーンホール
※「サマータイムマシン・ワンスモア」のみ上演。

2018年10月4日(木)
愛知県 愛知県産業労働センター ウインクあいち 大ホール
※「サマータイムマシン・ワンスモア」のみ上演。

2018年10月25日(木)
広島県 JMSアステールプラザ 中ホール
※「サマータイムマシン・ワンスモア」のみ上演。

2018年10月27日(土)・28日(日)
福岡県 西鉄ホール

2018年11月3日(土・祝)
北海道 道新ホール

2018年11月10日(土)
神奈川県 関内ホール

「サマータイムマシン・ブルース」

作・演出:上田誠
出演:石田剛太酒井善史角田貴志諏訪雅土佐和成中川晴樹永野宗典西村直子本多力 / 早織

「サマータイムマシン・ワンスモア」

作・演出:上田誠
出演:石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、西村直子、本多力 / 藤谷理子城築創、岡嶋秀昭、早織

ステージナタリーをフォロー