カゲヤマ気象台の新プロジェクト、円盤に乗る派が始動「正気を保つために」上演

27

円盤に乗る派「正気を保つために」が、6月30日に静岡・万年橋パークビル hachikai、7月5日から10日まで東京・BUoYで上演される。

円盤に乗る派ビジュアル(撮影:三野新)

円盤に乗る派ビジュアル(撮影:三野新)

大きなサイズで見る(全2件)

円盤に乗る派ロゴ

円盤に乗る派ロゴ[拡大]

円盤に乗る派は、sons wo:から名前を改めて始動したカゲヤマ気象台による新プロジェクト。これは複数の作家や表現者が“一緒にフラットにいられるための時間”、そして“あるべきところにいられるような場所”を作るための企画だ。「正気を保つために」のキャストには小山薫子、青年団の立蔵葉子、H-TOAの峰松智弘が名を連ねている。

静岡公演では山川、Soushi Mizunoを迎えた“ポスト・パフォーマンス・パーティー!”、東京公演では7月7日14:00開演回にAokidがゲストの“ポスト・パフォーマンス・パフォーマンス!”、19:00開演回に涌井智仁、Kazumichi Komatsuが出演する“ポスト・パフォーマンス・パーティー!”が実施される。なお“生活状態(ライフスタイル)誌”と銘打った「STONE / ストーン」が付属する前売りチケットや“0円チケット”も販売。詳細は公式サイトで確認を。

また7月8日の14:00から17:00までBUoYにて、シンポジウム「肉が柔らかくなるまで未来について話す」を開催。アーティストの金藤みなみ、「STONE / ストーン」執筆者の鈴木一平、写真家・劇作家・演出家でニカサン主宰の三野新が参加し、モデレーターをカゲヤマ気象台が務める。

この記事の画像(全2件)

円盤に乗る派「正気を保つために」

2018年6月30日(土)
静岡県 万年橋パークビル hachikai

2018年7月5日(木)~10日(火)
東京都 BUoY

作・演出:カゲヤマ気象台
出演:小山薫子立蔵葉子、峰松智弘

シンポジウム「肉が柔らかくなるまで未来について話す」

2018年7月8日(日)14:00~17:00
東京都 BUoY

モデレーター:カゲヤマ気象台
ゲスト:金藤みなみ、鈴木一平、三野新

全文を表示

関連記事

カゲヤマ気象台のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 カゲヤマ気象台 / 円盤に乗る派 / 立蔵葉子 / Aokid / sons wo: / 三野新 / 小山薫子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします