BUoYリーディング公演にカゲヤマ気象台と山内晶、橘上「本を持たない朗読会」も

29

BUoYアーティストワークショップvol.1「カゲヤマ気象台『シティIII』×山内晶『白痴をわらうか』」のリーディング公演が、3月17・18日に東京・BUoYで行われる。

BUoYアーティストワークショップvol.1「カゲヤマ気象台『シティⅢ』×山内晶『白痴をわらうか』」リーディング公演ビジュアル

BUoYアーティストワークショップvol.1「カゲヤマ気象台『シティⅢ』×山内晶『白痴をわらうか』」リーディング公演ビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

BUoYによるワークショップ&リーディング公演の第1弾となる今回は、カゲヤマ気象台と青年団演出部の山内晶を迎えて開催。第17回AAF戯曲賞の大賞・特別賞受賞作を作家自らが再構成し、ワークショップを通じ、その成果をリーディング公演として発表する。

カゲヤマ気象台は2月にBUoYで上演した「流刑地エウロパ」で自身のプロジェクトsons wo:を終了し、今後は円盤に乗る派として活動予定。また山内は主宰するAnkをキリグスと改名し、5月にBUoYでの改名記念公演を予定している。どちらのワークショップも参加条件は18歳以上、募集人数は各回4名から10名程度。3月13日から18日のうち3日間行われ、応募の締め切りは3月10日までとなっている。

橘上

橘上[拡大]

なお3月16日にはBUoYにて詩人・橘上によるリーディングパフォーマンス「NO TEXT」が上演される。「本を持たない朗読会」と銘打ち、新しい朗読の可能性を探るこの企画。トークゲストにカゲヤマ気象台を招き、詩作と劇作の身体や方法論について考える。

※初出時、本文中に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

カゲヤマ気象台コメント

カゲヤマ気象台

カゲヤマ気象台[拡大]

演劇を遊戯にしたくない、と考えている。遊戯よりは活動と言うべきようなものとして演劇に向かい合いたい。観劇という行為は都市だと思っていたけれど、創作で都市できるだろうか。都市できたらそれこそ演劇が意味あるものだと思う。よい場にしたい。みんながよく行為できるように。

山内晶コメント

山内晶

山内晶[拡大]

「白痴をわらうか」は、過去作品「idiot」を改造してつくった戯曲です。映画の「ひなぎく」、プロレス、フリースタイルバトルに感銘を受け「戦っている人の目がよく見える舞台芸術をつくりたい」と奮闘した覚えがあります。また「自己責任」という言葉に怒りを感じてもいました。美しい国に住んでいる私たちは、夢を持たないといけない、楽しい時間はみんなで維持しなければいけない、前進しなければいけない。そんな強迫観念と戦おうとしていました。そんな戯曲です。綺麗なうわべをつくって、本音を忘れるくらい躍動したい方、是非ともご一緒に。

この記事の画像(全4件)

BUoYアーティストワークショップvol.1「カゲヤマ気象台『シティIII』×山内晶『白痴をわらうか』」リーディング公演

2018年3月17日(土)・18日(日)
東京都 BUoY

「シティIII」
作・演出:カゲヤマ気象台
出演:ワークショップ参加者

「白痴をわらうか」
作・演出:山内晶
出演:ワークショップ参加者

橘上リーディングパフォーマンス「NO TEXT」

2018年3月16日(金)20:00~22:00
東京都 BUoY

出演:橘上
ゲスト:カゲヤマ気象台

全文を表示

関連記事

カゲヤマ気象台のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 カゲヤマ気象台 / 山内晶 / 円盤に乗る派 / 橘上 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします