ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「ノートルダムの鐘」横浜で開幕、田中彰孝「普遍的なメッセージ届けたい」

362

劇団四季 ミュージカル「ノートルダムの鐘」より。(c)Disney

劇団四季 ミュージカル「ノートルダムの鐘」より。(c)Disney

劇団四季のミュージカル「ノートルダムの鐘」が、昨日4月8日に神奈川・KAAT神奈川芸術劇場で開幕した。

本作はヴィクトル・ユゴーの代表作「Notre-Dame de Paris(ノートルダム・ド・パリ)」に想を得たミュージカル。15世紀末のパリを舞台に、ノートルダム大聖堂の鐘楼に住むカジモド、大聖堂の大助祭・フロロー、警備隊長・フィーバス、ジプシーの娘・エスメラルダを中心とした、愛や葛藤の物語が描かれる。日本では劇団四季により2016年から17年にかけて上演され、今回がリターン公演となる。

開幕に際し、カジモド役を演じる田中彰孝は「人間の宿命とは何か、人として生きるとはどういうことなのかという普遍的なメッセージをお客様の心にしっかりとお届けできるよう、一回一回の公演を精一杯努めたいと思います」と意気込みを語っている。

ミュージカル「ノートルダムの鐘」横浜公演は8月28日まで。その後、9月22日からは愛知・名古屋四季劇場で上演されることが決定している。

田中彰孝コメント

本作は、登場人物の宿命をドラマティックかつシリアスに描き出した深く美しい重厚なミュージカルです。カジモド役の一人として出演できることを、大変光栄に感じています。人間の宿命とは何か、人として生きるとはどういうことなのかという普遍的なメッセージをお客様の心にしっかりとお届けできるよう、一回一回の公演を精一杯努めたいと思います。

劇団四季 ミュージカル「ノートルダムの鐘」横浜公演

2018年4月8日(日) ~8月28日(火)
神奈川県 KAAT神奈川芸術劇場

劇団四季 ミュージカル「ノートルダムの鐘」

2018年9月22日(土)~
愛知県 名古屋四季劇場

ステージナタリーをフォロー