ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「トリスケリオンの靴音」開幕、堤泰之「想像力を働かせてお楽しみください」

80

「トリスケリオンの靴音」ゲネプロより。

「トリスケリオンの靴音」ゲネプロより。

「トリスケリオンの靴音」が、本日3月28日に東京・赤坂RED/THEATERで開幕した。

プラチナ・ペーパーズの堤泰之が作・演出を手がける本作。とある田舎町を舞台に、三脚巴(トリスケリオン)がデザインされたネックレスを巡る物語が展開する。設計事務所で働く佐久間憲市は、十数年前に亡くなった彫金家・見城海山の工房を資料館として公開するために奔走していた。海山の弟子だった土門忠から話を聞くうちに、佐久間は次第に海山に興味を持ち始める。資料館のオープンまで1カ月を切ったある日、1人の女・見城和歌子が現れ……。

上演時間は休憩なしの約1時間45分。東京公演は4月8日まで行われ、その後、5月11日から13日まで大阪・一心寺シアター倶楽で上演される。開幕に向け堤は「役者は3人ですが、登場人物は10人くらいいますので、想像力を働かせてお楽しみください」と観客にメッセージを送った。佐久間役の碓井将大、見城役の赤澤ムック、土門役の粟根まことからのコメントは以下の通り。

碓井将大 コメント

単純に考えて1人30分喋っている。ドキドキ、そしてワクワク。
お客さんと一緒に楽しみたいです。

赤澤ムック コメント

演技の面白さが詰まっている作品です。
久々の舞台俳優に緊張しますが精一杯頑張ります。

粟根まこと コメント

美男と美女に挟まれて、おじさん、右往左往です。

「トリスケリオンの靴音」

2018年3月28日(水)~4月8日(日)
東京都 赤坂RED/THEATER

2018年5月11日(金)~13日(日)
大阪府 一心寺シアター倶楽

作・演出:堤泰之
出演:碓井将大赤澤ムック粟根まこと

ステージナタリーをフォロー