ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

モリエール「亭主学校」を“同時進響劇”に、17席限定の劇団アトリエで

42

劇団現代古典主義が「同時進響劇『亭主学校~ルイ14世に捧ぐ~』」を3月12日から25日まで東京・劇団現代古典主義アトリエで上演する。

2007年に大阪で設立され、15年からは東京に拠点を移して活動している、劇団現代古典主義。今回は、1661年にフランスのモリエールが発表した「亭主学校」を、舞台上を複数場面に分割し、物語を同時に進行させる“同時進響劇”として表現する。脚色・演出は劇団主宰の夏目桐利が担当。

嫉妬深い主人公ルイポルトは、嫁に迎えるためにイザベルを束縛して育てていた。ルイポルトとの結婚を望まないイザベルは、町人貴族ヴァレールに恋を打ち明けてしまい……。17席限定の劇団アトリエで、臨場感に満ちたステージが繰り広げられる。

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

劇団現代古典主義「同時進響劇『亭主学校~ルイ14世に捧ぐ~』」

2018年3月12日(月)~25日(日)
東京都 劇団現代古典主義アトリエ

原作:モリエール
脚色・演出:夏目桐利
出演:大西輝卓、樽谷佳典、田畑恵未、小藤喜穂、土肥亜由美、倉持杏純、佐藤瑠奈、成田英恵、田口ユリ子、西山佳樹、島田勇矢、那須康史

ステージナタリーをフォロー