ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

ジャンキーの男4人の悲喜劇「High Life」に古河耕史ら、演出は谷賢一

141

「High Life」が4月14日から28日まで東京・あうるすぽっとで上演される。

本作はカナダのリー・マクドゥーガルの処女戯曲。1996年にカナダ・トロントで初演され、2001年には流山児★事務所によって日本初演が行われた。今回は上演台本と演出を谷賢一が手がけ、薬物中毒の男たちが織りなす悲喜劇を立ち上げる。音楽をOpen Reel Ensembleの吉田悠と吉田匡、Molt Beatsの山口元輝が担当し、出演者には古河耕史細田善彦伊藤祐輝ROLLYが名を連ねている。

保護観察中のディック(古河)、出所したばかりのバグ(伊藤)、腎臓が1つしかないドニー(ROLLY)、女性関係で追い込まれているビリー(細田)の4人は、いずれもジャンキーだった。人生に行き詰まった彼らは一発逆転を狙い、大金のためにある計略を強行しようと渋々手を組むが……。チケットの一般販売は2月17日に開始する。

「High Life」

2018年4月14日(土)~28日(土)
東京都 あうるすぽっと

作:リー・マクドゥーガル
翻訳:吉原豊司   
演出・上演台本:谷賢一
音楽:吉田悠(Open Reel Ensemble)、吉田匡(Open Reel Ensemble)、山口元輝(Molt Beats)

出演:古河耕史細田善彦伊藤祐輝ROLLY

ステージナタリーをフォロー