ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

2020年に東京で発信「TOKYO TOKYO FESTIVAL」ジャンルレスな“芸術”募る

30

「TOKYO TOKYO FESTIVAL」が、2020年4月から9月にかけて開催される。

「TOKYO TOKYO FESTIVAL」は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、アーツカウンシル東京と東京都が展開する文化プログラム。目玉となる文化事業の1つとして、ジャンルにとらわれない芸術活動の企画を、広く公募している。

アーツカウンシル東京機構長の三好勝則は、2020年に向けて動き出しているプログラムとして、野田秀樹が総監修を務める「東京キャラバン」や、アーティストの日比野克彦による「TURN(ターン)」を例に挙げ、「自分たちが参加できる機会がないか、という若手アーティストの意見も多くありました。そのような意見も取り入れるべく動き出したのが、『Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募』です」と企画意図を語る。

また「この公募では、東京が芸術文化を創造する国際都市としての価値を国内外へ発信する力、社会へ問題を提起する力、アートの可能性へのチャレンジが期待される新たな試みです。提案した方々と一緒になって、東京の文化シーンをともに創り上げていきたいと考えています」と応募者に向けメッセージを送った。応募期間は2月1日から28日まで。なお本事業は、2020年を超えて、東京がよりクリエイティブな文化都市へとステップアップしていくことを目標としている。

ステージナタリーをフォロー