ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

小林一三の事業を振り返る展示が大阪で、各界著名人100人とのゆかりの品々も

56

展覧会「小林一三ワールドII『阪急電車・阪急百貨店・宝塚歌劇・東宝~一三ネットワークの100人~』」が、明日1月10日から大阪・阪急うめだ本店 阪急うめだギャラリーにて開催される。

阪急電鉄や宝塚歌劇団、東宝などの創業者として知られる小林一三。小林の没後60年を記念した本展では、彼が手がけた事業を年表、地図、映像を用いて振り返ると共に、越路吹雪、寿美花代、八千草薫といった、彼と関わりの深い人物100人とのゆかりの品々を紹介する。会期は1月15日まで。なお本展は入場無料となっている。

「小林一三ワールドII『阪急電車、阪急百貨店、宝塚歌劇、東宝~一三ネットワークの100人~』」

2018年1月10日(水)~15日(月)
大阪府 阪急うめだ本店 阪急うめだギャラリー

ステージナタリーをフォロー