コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「刀剣乱舞」実写映画化!鈴木拡樹らキャスト8名発表、脚本は小林靖子

20972

刀剣育成シミュレーションゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を原案とした「映画刀剣乱舞」が、2019年に公開されることが決定した。

2015年にPC向けブラウザゲームとしてリリースされ、2016年よりアプリ版も配信されている「刀剣乱舞-ONLINE-」。同作は歴史の改変を目論む時間犯罪者“歴史修正主義者”によって過去への攻撃が始まった西暦2205年、名だたる刀剣を付喪神の“刀剣男士”として顕現させる技を持つ審神者(さにわ)が時の政府により派遣され、歴史を守る戦いを繰り広げる物語だ。これまで数多くのコミカライズをはじめ、ミュージカル、舞台、「刀剣乱舞-花丸-」「活撃 刀剣乱舞」の2本のアニメなどさまざまなメディアミックスが展開されてきた。

映画化の発表に合わせて、キャストとスタッフも明らかに。三日月宗近役を演じるのは、舞台「刀剣乱舞」でも同役を務めた鈴木拡樹。また同じく舞台「刀剣乱舞」に出演した山姥切国広役の荒牧慶彦、薬研藤四郎の北村諒、へし切長谷部役の和田雅成、不動行光役の椎名鯛造が、舞台版と同じ刀剣男士役として登場する。さらに鶯丸役には舞台「ダイヤのA」降谷役の廣瀬智紀、日本号役にはアニメ「ベルセルク」ガッツ役などで知られる岩永洋昭、骨喰藤四郎役にはミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズンで不二周助役を演じている定本楓馬がキャスティングされた。

監督は「MARS(マース)~ただ、君を愛してる~」の耶雲哉治が、脚本はアニメ「進撃の巨人」や、「仮面ライダーオーズ / OOO」などの特撮作品で知られる小林靖子が担当。耶雲監督は「期待と同時に緊張もありますが、魅力的な刀剣男士たちと真剣な想いを胸にこの作品に取り組んでいます。そして密かに、日本映画の歴史を変えてしまおうと目論んでおります」と野望を伝える。小林は「子供の頃からチャンバラ時代劇が好きで、刀剣はそれが思う存分出来ることが楽しみでした。特撮アクション畑の人間なので、《萌え》はないかもしれませんが、《燃え》はきっとあります」と期待をあおった。なお実写映画では「新しい“本丸”での、まったく新しい物語。」が披露されるとのこと。詳細は続報を待とう。

耶雲哉治監督コメント

まさか、あの「刀剣乱舞」が実写映画化されるとは。
しかもその監督を自分が務めることになるなんて。
期待と同時に緊張もありますが、魅力的な刀剣男士たちと真剣な想いを胸にこの作品に取り組んでいます。
そして密かに、日本映画の歴史を変えてしまおうと目論んでおります。

小林靖子コメント

子供の頃からチャンバラ時代劇が好きで、刀剣はそれが思う存分出来ることが楽しみでした。
特撮アクション畑の人間なので、《萌え》はないかもしれませんが、《燃え》はきっとあります。
「実写は…」と敬遠せずに見ていただけたら幸いです。

「映画刀剣乱舞」

2019年公開

スタッフ

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus)
監督:耶雲哉治
脚本:小林靖子
配給:東宝映像事業部

キャスト

三日月宗近:鈴木拡樹
山姥切国広:荒牧慶彦
薬研藤四郎:北村諒
へし切長谷部:和田雅成
日本号:岩永洋昭
骨喰藤四郎:定本楓馬
不動行光:椎名鯛造
鶯丸:廣瀬智紀

(c)2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 (c)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

コミックナタリーをフォロー