ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

2つの“必要なこと”描く、ヒノカサの虜「白檻に触れて、」に木村美月&田中穂先

92

ヒノカサの虜 第10回公演「白檻に触れて、」ビジュアル

ヒノカサの虜 第10回公演「白檻に触れて、」ビジュアル

ヒノカサの虜「白檻に触れて、」が、12月7日から10日まで東京・スタジオ空洞で上演される。

2013年に大阪芸術大学のメンバーにより立ち上げられたヒノカサの虜。上京後3作目となる本作は、主演に元虚構の劇団の木村美月と、柿喰う客の田中穂先を迎える。

雪山で遭難した少女達。物語は彼女たちの遺体が持つ原風景の形に隆起した街“天国”を舞台に、そこに住む死人・“蛹”や“狩人”らの姿から、“生活するために必要なこと”と“人間らしく生きるために必要なこと”の違いをあぶり出していく。チケットは10月上旬に発売。

ヒノカサの虜 第10回公演「白檻に触れて、」

2017年12月7日(木)~10日(日)
東京都 スタジオ空洞

脚本・演出:函波窓
出演:木村美月田中穂先 / 函波窓、寺田結美、三島祐亮、相澤将吾、高久瑛理子、永田紗茅、半田美樹、槙村恵、もりみさき、山本美津

ステージナタリーをフォロー