ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

複数の作家による断片から“いま”を探る、マレビトの会「福島を上演する」

44

マレビトの会「福島を上演する」ビジュアル(photo:Keiko Sasaoka)

マレビトの会「福島を上演する」ビジュアル(photo:Keiko Sasaoka)

マレビトの会「福島を上演する」が、10月7日から15日にかけて東京・シアターグリーン BASE THEATERで上演される。

本作は「フェスティバル/トーキョー17」の1プログラムとして上演される、松田正隆が代表を務めるマレビトの会の長期プロジェクト。「フェスティバル/トーキョー16」で始動し2年目となる今回は、複数の作家が福島を取材し執筆した戯曲を、シンプルな空間で俳優の身体のみを使い、各エピソードにつき1度限り上演。多面的に福島の“今”を浮かび上がらせる。会期中に行われる12公演全体で1つの作品というコンセプトになっており、今回はアイダミツル、神谷圭介草野なつか、島崇、高橋知由、松田正隆、三宅一平、山田咲の作品が回替わりで上演される。

公演日毎の演目は、「フェスティバル/トーキョー」公式サイトにて確認を。なおサイトでは、本プロジェクトの前身となった2013年から16年上演の「長崎を上演する」と、「フェスティバル/トーキョー16」で披露された「福島を上演する」の上演の様子が写真ギャラリーにて公開されている。また戯曲の内容は、後日、マレビトの会のホームページにて公開予定だ。

※初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

「フェスティバル/トーキョー17」

2017年9月30日(土)~11月12日(日)
東京都 東京芸術劇場、あうるすぽっと、PARADISE AIR ほか

マレビトの会「福島を上演する」

2017年10月7日(土)~9日(月・祝)、12日(木)~15日(日)
東京都 シアターグリーン BASE THEATER

作:アイダミツル、神谷圭介草野なつか、島崇、高橋知由、松田正隆、三宅一平、山田咲
演出:寺内七瀬、福井裕孝、松田正隆、三宅一平、山田咲
出演:アイダミツル、生実慧石渡愛、加藤幹人、上村梓、桐澤千晶、佐藤小実季、島崇、田中夢西山真来、野澤優、濱野信太郎、松村珠美、山科圭太、弓井茉那、吉澤慎吾

ステージナタリーをフォロー