「シーサイドタウン」開幕、作・演出の松田正隆「ひとつ乗り越えたのでホッとしています」

18

「シーサイドタウン」が、昨日1月27日に京都・ロームシアター京都 ノースホールで開幕した。

ロームシアター京都開館5周年記念事業 レパートリーの創造 松田正隆作・演出「シーサイドタウン」より。(撮影:中谷利明)

ロームシアター京都開館5周年記念事業 レパートリーの創造 松田正隆作・演出「シーサイドタウン」より。(撮影:中谷利明)

大きなサイズで見る(全13件)

ロームシアター京都開館5周年記念事業 レパートリーの創造 松田正隆作・演出「シーサイドタウン」より。(撮影:中谷利明)

ロームシアター京都開館5周年記念事業 レパートリーの創造 松田正隆作・演出「シーサイドタウン」より。(撮影:中谷利明)[拡大]

ロームシアター京都開館5周年記念事業 レパートリーの創造 松田正隆作・演出「シーサイドタウン」より。(撮影:中谷利明)

ロームシアター京都開館5周年記念事業 レパートリーの創造 松田正隆作・演出「シーサイドタウン」より。(撮影:中谷利明)[拡大]

ロームシアター京都開館5周年記念事業 レパートリーの創造 松田正隆作・演出「シーサイドタウン」より。(撮影:中谷利明)

ロームシアター京都開館5周年記念事業 レパートリーの創造 松田正隆作・演出「シーサイドタウン」より。(撮影:中谷利明)[拡大]

これは、ロームシアター京都開館5周年記念事業の1プログラムで、同劇場が2017年より継続して行っている「レパートリーの創造」シリーズの第4弾。今回は、マレビトの会松田正隆が、自身の作・演出で、故郷の長崎をモチーフにした新作を立ち上げる。東京で職を失い、故郷の海辺の町に久々に帰ったシンジ。空き家となった実家に住み着くが、荒廃していく地方の町には、凡庸なファシズムの横行や、地縁・血縁などのしがらみがあり……。

本作には生実慧、鈴鹿通儀、大門果央、田辺泰信深澤しほ横田僚平が出演。開幕後、松田は「初日は緊張感がありましたが、ひとつ乗り越えたのでホッとしています。明日からの上演にも、ぜひお越しください」とコメントした。上演時間は約1時間45分。公演は1月31日まで。

なおステージナタリーでは、「シーサイドタウン」特集を展開中。昨年11月、京都でクリエーション中だった松田に、本作に懸ける思いを聞いた。

この記事の画像(全13件)

ロームシアター京都開館5周年記念事業 レパートリーの創造 松田正隆作・演出「シーサイドタウン」

2021年1月27日(水)~31日(日)
京都府 ロームシアター京都 ノースホール

作・演出:松田正隆
出演:生実慧、鈴鹿通儀、大門果央、田辺泰信深澤しほ横田僚平

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

松田正隆のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 松田正隆 / マレビトの会 / 生実慧 / 田辺泰信 / 深澤しほ / 横田僚平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします