ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

劇団男魂が生の挫折と再生を描く、劇団史上“最も静かなる作品”「航路」

44

劇団男魂(メンソウル)

劇団男魂(メンソウル)

劇団男魂(メンソウル)「航路」が8月23日から27日まで東京のザ・ポケットで上演される。

男魂は、2003年に旗揚げされた、熊本県出身の杉本凌士が代表を務める団体。「愛すべきダメ男」をテーマに掲げ、笑いあり涙ありのオリジナル作品を上演している。

登場人物たちの抱える闇は、導かれるように1つの“航路”へと向かっていき……。本作は、そんな男魂が人生の挫折と再生という深奥なテーマに挑んだ、劇団史上“最も静かなる作品”だ。

劇団男魂(メンソウル)第17回本公演「航路」

2017年8月23日(水)~27日(日)
東京都 ザ・ポケット

原作:原浩一郎「航路」(「罪のあと」デフトパブリッシング刊 所収)
脚本・演出:杉本凌士
出演:坪内守仲田育史大塩ゴウ山田諭新晟聡、横山貴之、清田悠聖、黒木俊穂、杉本凌士 / 今井久美子、泉田珠華、宮瀬葵菜、松岡美桔、よこやまよしひろ

ステージナタリーをフォロー