躍動する身体と映像がシンクロ「男水!」で松田凌「成長の先にある光見て」

1

820

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 298 519
  • 3 シェア

「男水!」が、本日5月11日に東京・シアター1010にて開幕する。これに先がけ、昨日5月10日にゲネプロと囲み取材が行われた。

「男水!」ゲネプロより、松田凌演じる榊秀平。

「男水!」ゲネプロより、松田凌演じる榊秀平。

大きなサイズで見る(全19件)

「男水!」ゲネプロより。

「男水!」ゲネプロより。[拡大]

吉谷光太郎が脚本・演出を手がける本作は、木内たつやのスポーツマンガが原作。1月から3月にかけて放送されたドラマ版に引き続き、キャストには松田凌宮崎秋人安西慎太郎赤澤燈佐藤永典小澤廉黒羽麻璃央池岡亮介神永圭佑廣瀬智紀らが名を連ねている。

「男水!」ゲネプロより、左から宮崎秋人演じる篠塚大樹、安西慎太郎演じる藤川礼央。

「男水!」ゲネプロより、左から宮崎秋人演じる篠塚大樹、安西慎太郎演じる藤川礼央。[拡大]

舞台では、松田演じる榊秀平、宮崎演じる篠塚大樹、安西演じる藤川礼央、幼なじみ3人の回想シーンを織り交ぜながら、東ヶ丘高校と龍峰高校の熱いレースが展開。ドラマ版からトレーニングを積んできたキャスト陣によるレースシーンはもちろん、両校それぞれの選手に焦点を当てた細やかな心理描写も舞台版の見どころの一つとなっている。また本作では、躍動する俳優の身体とプロジェクションマッピングを組み合わせることによって“水”を表現。さらに劇中ではドラマ版のエンディングテーマ「Growing up! Go on!」などの楽曲も使用され、彼らが体現する“青春”に華を添えている。

左から神永圭佑、佐藤永典、赤澤燈、廣瀬智紀、松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎、小澤廉、黒羽麻璃央、池岡亮介。

左から神永圭佑、佐藤永典、赤澤燈、廣瀬智紀、松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎、小澤廉、黒羽麻璃央、池岡亮介。[拡大]

囲み取材には、メインキャスト10名が登壇。初日を迎えるにあたって、現在の心境を問われた松田は「自分たちの青春時代が蘇るような熱い日々が過ごせました」と稽古を振り返り、「その集大成を皆さんにお見せしたいです」と意気込んでみせる。宮崎は「舞台版にはさまざまなギミックが盛り込まれていますが、そこに俳優自身の熱量を乗せてお客さんに届けられれば」と決意を語り、安西は「とにかくお客さんに楽しんでいただけることだけを考えてやってきました。皆さんに早く観ていただきたいです」と思いを明かした。

「男水!」ゲネプロより、廣瀬智紀演じる川崎亮也。

「男水!」ゲネプロより、廣瀬智紀演じる川崎亮也。[拡大]

昨年2016年に行われたドラマの撮影から、苦楽をともにしてきたキャスト陣。龍峰の主将・仁科譽を演じる黒羽は「終わりが見えてきて少し寂しい気持ちもありますが……仲間たちと過ごす時間を大切にしたいです」とコメントし、廣瀬は「ドラマでやってきたこと、築き上げてきたこと、僕らのチームワークを舞台で表現できたら」と意欲を見せる。また赤澤は、自身が演じるマネージャー・小金井晴美さながらに、「このメンバーで千秋楽までお芝居できることが楽しみです」と笑顔を見せ、東ヶ丘の新入部員・滝結太役の佐藤は「稽古にあたって悩んだこともありましたが、今はドキドキワクワクする気持ちでいっぱい」と心境を述べた。

「男水!」ゲネプロより、小澤廉演じる平光希(中央)。

「男水!」ゲネプロより、小澤廉演じる平光希(中央)。[拡大]

原田ダニエルを演じる神永は「まず自分自身が楽しんで、お客さんの肩の力を抜くことができるように努めたいです。今回は、ダニエルや滝にフィーチャーしたシーンを入れていただいたので、1年生2人の成長を見てほしい」と観客にアピール。榊のライバル・平光希役を務める小澤は「僕たちなりの“男子高校生感”を出して素晴らしい作品にしたいです」と元気いっぱいに意気込み、龍峰の天才スイマー・神宮一虎を演じる池岡は「舞台上で競泳を表現することについて稽古で試行錯誤してきましたが、お客さんの反応がないとわからない部分もある。お客さんに観ていただいて、『男水!』はやっと完成するんだと思います」と思いを語る。この池岡のコメントを受け、松田は「新しいものが作れたという自負はあります。『競泳を舞台でやったらこういう風になるんだ』という驚きを与えられる作品になったのでは」と手応えを見せた。

「男水!」ゲネプロより、宮崎秋人演じる篠塚大樹(中央)。

「男水!」ゲネプロより、宮崎秋人演じる篠塚大樹(中央)。[拡大]

また池岡が「舞台上で“泳ぐ”のがうまいなと思ったのは秋人くん」と吐露すると、宮崎は照れ臭そうな表情を浮かべつつ、「前例がないからこそ、自由にやれたところがあります。舞台には水がないぶん、誰よりも水を意識してやらないと水は現れてくれないので、そこをずっと意識して稽古してきました」と真摯に回答。そして話題は自身の役どころの見せ場へ。これについて松田は「今作では、ドラマでは描かれなかった秀平なりの結論が出せているんじゃないかなと思います。成長した先にある光を見てほしいですね」と微笑んだ。

「男水!」ゲネプロより、左から赤澤燈演じる小金井晴美、神永圭佑演じる原田ダニエル。

「男水!」ゲネプロより、左から赤澤燈演じる小金井晴美、神永圭佑演じる原田ダニエル。[拡大]

和やかに取材が進行する中、「自分が女の子だったらどのキャラクターに惹かれるか」と問われた安西と宮崎は「譽ですね!」と即答。続いて廣瀬が「俺は晴美かな」と切り出すと、赤澤も「僕も川崎コーチかな。デレてくれたときにキュンとするから」と廣瀬に視線を送る。また松田の「僕は滝がいいですね」という意表をついた答えに、キャスト陣からはどよめきが。松田は「滝か礼央で迷ったんです。どちらも向上心があって堅実だから絶対出世すると思うんですよね(笑)」と滝を選んだ手堅い理由を述べ、会場の笑いを誘った。

「男水!」ゲネプロより、左から宮崎秋人演じる篠塚大樹、松田凌演じる榊秀平。

「男水!」ゲネプロより、左から宮崎秋人演じる篠塚大樹、松田凌演じる榊秀平。[拡大]

最後に出演者を代表して松田が「キャスト、スタッフ全員がいろんな思いを抱えて作ってきました。ドラマとは違った生のお芝居を楽しんでもらえると思います。千秋楽までよろしくお願いします」と挨拶し、取材は終了。東京公演は5月21日まで。その後、5月24日から28日まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演され、28日の大千秋楽公演にはライブビューイングも実施される。なおライブビューイングの開演前には、稽古風景や会場限定の未公開映像を上映予定だ。

この記事の画像(全19件)

「男水!」

2017年5月11日(木)~21日(日)
東京都 シアター1010

2017年5月24日(水)~28日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

原作:男水!(木内たつや / 白泉社『花とゆめ』)
脚本・演出:吉谷光太郎

キャスト

榊秀平:松田凌
篠塚大樹:宮崎秋人
藤川礼央:安西慎太郎

小金井晴美:赤澤燈
滝結太:佐藤永典
平光希:小澤廉
仁科譽:黒羽麻璃央
神宮一虎:池岡亮介
原田ダニエル:神永圭佑

市村真幸:齊藤教兵
村上英輔:奈須田雄大
高浦一郎:津嘉山寿穂
高浦二郎:櫻井圭佑
森親太郎:上村海成

磯村邦夫:河野洋一郎

川崎亮也:廣瀬智紀

毛利光汰、佐藤葵、兼尾洋泰、加来亮凪、吉田邑樹、山田諒、町田尚規、神田聖司、村上貴亮、深澤悠斗

全文を表示
(c)男水!製作委員会

読者の反応

  • 1

ステージナタリー @stage_natalie

躍動する身体と映像がシンクロ「男水!」で松田凌「成長の先にある光見て」 https://t.co/AV78yPR3EQ https://t.co/7klimdcaLI

コメントを読む(1件)

関連記事

松田凌のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 松田凌 / 宮崎秋人 / 安西慎太郎 / 赤澤燈 / 佐藤永典 / 小澤廉 / 黒羽麻璃央 / 池岡亮介 / 神永圭佑 / 廣瀬智紀 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします