ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

3世代で楽しめる謎解き演劇「とおのもののけやしき」北九州芸術劇場で上演

39

「とおのもののけやしき」より。(撮影:井上大志)

「とおのもののけやしき」より。(撮影:井上大志)

劇団太陽族岩崎正裕が作・演出を手がける「とおのもののけやしき」が 、8月12日に福岡・北九州芸術劇場 小劇場で上演される。

本作は怪談話を通して、かつてあった暮らしの歴史を子供たちに伝える作品。子供たちは登場人物とともに謎を解くことで、物語を楽しみながら昔の暮らしを知ることができる。幼い兄弟は、亡くなった祖母の遺品整理をするため母親と一緒に田舎に帰省するが、その夜、暗い蔵の中へ閉じ込められてしまう。そこには、“もののけ”が住み着いていて……。舞台美術と小道具に、昭和30年代から40年代に実際に使われていた電化製品や生活用品、農耕具を活用。親子だけでなく、祖父母世代も一緒に楽しめそうだ。

キャストには空の驛舎の三田村啓示、藤本陽子sunday宮川サキが名を連ねている。チケットは6月11日に発売。

「とおのもののけやしき」

福岡県 北九州芸術劇場 小劇場
2017年8月12日(土)

作・演出: 岩崎正裕
出演:三田村啓示、藤本陽子宮川サキ

ステージナタリーをフォロー