ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

私たちにとっての古典とは?木ノ下裕一×池澤夏樹の対談が京都で

83

木ノ下歌舞伎主宰・木ノ下裕一と、作家・詩人である池澤夏樹との対談が、11月6日に京都・ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビーにて行われる。

「『伝統のチカラ、芸能のカタチ』事業 対談 池澤夏樹×木ノ下裕一『古典と向き合う -文学と演劇-』」と題した本イベント。古典演目の補綴・監修を手がける木ノ下と、当代の作家が古典名作を現代の言葉に訳す「日本文学全集」を個人編集する池澤が、「いまの私たちにとって古典とは何か?」をテーマにトークを繰り広げる。

また木ノ下が監修・補綴を担当した、木ノ下歌舞伎「勧進帳」が、11月3日から6日まで京都・京都芸術劇場 春秋座 特設客席にて上演される。そちらも併せてチェックしよう。

「『伝統のチカラ、芸能のカタチ』事業 対談 池澤夏樹×木ノ下裕一『古典と向き合う -文学と演劇-』」

2016年11月6日(日)10:00~12:00
京都府 ロームシアター京都 パークプラザ3階 共通ロビー

出演:池澤夏樹、木ノ下裕一

木ノ下歌舞伎「勧進帳」

2016年11月3日(木・祝)~6日(日)
京都府 京都芸術劇場 春秋座 特設客席

監修・補綴:木ノ下裕一
演出・美術:杉原邦生
出演:リー5世坂口涼太郎、高山のえみ、岡野康弘亀島一徳、重岡漠、大柿友哉

ステージナタリーをフォロー