ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

「ハイキュー!!」新作が秋に上演、“ゴミ捨て場の決戦” やIH予選を描く

515

「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“烏野、復活!”」が、今秋上演されることが決定した。

これは昨日5月8日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演された「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』“頂の景色”」千秋楽公演にて発表されたもの。新作公演では烏野高校はもちろん、音駒高校、伊達工業高校なども出演し、主役校である烏野高校のメンバーが音駒高校と因縁の“ゴミ捨て場の決戦” を繰り広げる様子や、インターハイ予選を通じてさらに成長していく姿が描かれる。

本作は古舘春一によるバレーボールマンガ「ハイキュー!!」が原作。演出はこれまでと同じくウォーリー木下が手がけ、脚本は中屋敷法仁とウォーリー木下が共同で担当する。キャストなどのさらなる続報に期待しよう。

ステージナタリーをフォロー