ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

多田淳之介演出「再/生」ダンスバージョン、シンガポールで上演

86

「RE/PLAY DANCE Edit」の稽古の様子。

「RE/PLAY DANCE Edit」の稽古の様子。

東京デスロック主宰の多田淳之介が、2月17日から20日まで、シンガポールにて「RE/PLAY DANCE Edit」を上演する。

「RE/PLAY DANCE Edit」は、東京デスロックで2011年に上演された代表作「再/生」のダンスバージョン。今回のシンガポール公演では6名のシンガポール人ダンサーと、KIKIKIKIKIKIきたまり、今村達紀により、新たな作品として生まれ変わる。

上演にあたり、多田からステージナタリーに寄せられたコメントは以下の通り。

多田淳之介コメント

シンガポールはアジアのセントラルシティ、世界中から様々な人たちが当たり前に集まってきています。出演する8人のダンサー達も、見た目もダンスのルーツもバラバラ、国籍も日本、シンガポール、インドネシア、オーストラリアと、まさにシンガポールを体現した上演になるでしょう。そして、別々の身体、ダンスを同時に並べ、繋がりと断絶を繰り返すこの作品が、また一つ大きな世界と繋がれるのではないかと期待しています。

「RE/PLAY DANCE Edit」

2016年2月17日(水)~20日(土)
シンガポール 72-13(Mohammad Sultan Road Singapore 239007)

演出:多田淳之介
振付・出演: Mario Chan、Jaenny Chandra、Elzabeth Loh、Sheriden Newman、 Mohamad Sufri Juwahir、Ma Yanling、きたまり、今村達紀

ステージナタリーをフォロー