橋本祥平

ケイコレ〜稽古着ファッションをお届け〜 Vol.24 [バックナンバー]

Tシャツをインして“体育会系風”を装う橋本祥平

色にこだわったシンプルスタイル

828

ステージナタリーが届ける、演劇人の稽古着コレクション「ケイコレ」。この連載では本番に向けて稽古中のアーティストが、自身の稽古着をダイアリー形式で紹介する。またひそかに注目している稽古場のおしゃれさん、いつか手に入れたい稽古アイテム、作品の見どころや意気込みについても聞く。

第24回には、少年のような笑顔で観客を魅了する橋本祥平が登場。2012年に観た「ミュージカル『薄桜鬼』~斎藤一編~」をきっかけに舞台俳優を志した橋本はその後、同シリーズで斎藤一役をつかむ。見事夢をかなえた彼は、話題の2.5次元作品に次々と出演。またSNSでは昨年ステイホーム期間中に始めたバルーンアートを披露するなど、手先の器用さも注目を集めている。橋本は現在、8月1日に開幕する「舞台『デュラララ!!』~円首方足の章~」の稽古中。同作は昨年、新型コロナウイルスの影響で公演延期に。1年越しの開幕に向けエンジン全開の橋本がこだわりの稽古着を紹介するほか、図らずしておそろいのウェアを着てきてしまったという、共演者との仲良しエピソードを教えてくれた。

Day1

稽古初日は本読みだけでしたので、これは翌日の立ち稽古で着た稽古着です。

稽古始まりということで目立つ色のシャツを選びました。

ポイントは隙間からわずかに見える黄色い靴下です。

プリントTシャツにオレンジ色のチェックシャツで夏気分。

プリントTシャツにオレンジ色のチェックシャツで夏気分。

Day2

この日やったシーンでは、けっこう動いていました。

なので動きやすくシンプルにTシャツとジャージーです。割とこちらがスタンダードな稽古着スタイルかと……。

ポイントとして、シャツを中に入れて体育会系風を装ってます。

黒Tの裾をグリーンのパンツにちょっとインしてスポーティに。

黒Tの裾をグリーンのパンツにちょっとインしてスポーティに。

Day3

前日に引き続き、体を動かすシーンだったのでシンプルスタイルです。ポイントは、何も打ち合わせをしていないのに猪野広樹と別のカラーの同じものをはいていた、というパンツです。

さすがに笑いました(笑)。

上下を黒でそろえたクールなスタイルでピース。ジャージーの赤いラインが目に鮮やか。

上下を黒でそろえたクールなスタイルでピース。ジャージーの赤いラインが目に鮮やか。

稽古着におけるこだわりは?

正直稽古着なので動きやすければ何でも良いと思っております。もちろん良いものを着て気持ちを高めるというのも1つの手段ですが、何せ汗っかきなもので……。

でも私服ではなかなか難しい派手な色の服を着られる場でもあると思うで、こだわりがあるとしたら“色”ですかね。

「稽古着おしゃれだな!」と思う共演者は誰ですか?

伊万里有くんはおしゃれですね。

非常におしゃれです。

この間Tシャツの上にスポーツ系のベストを羽織っていまして、動きやすさとデザイン性とコーディネートに長けたファッションでした。

上から下までおしゃれ。

いつか手にしたい憧れの稽古アイテムは?

今年で28歳になるのですが、「そろそろ体のケアを常に意識しないと!」と思うようになりました。なので電動のマッサージボールを手に入れたいなと。

君沢ユウキさんはやっぱり意識が高くて稽古場でのケアも怠りません。

見習いたいです。

「舞台『デュラララ!!』~円首方足の章~」で、特に注目してほしいのはどんなところ?

昨年は通し稽古までやって一体感も生まれ、完成間近での公演中止となってしまいました。今回の舞台は1年越しのリベンジとなっております。稽古場全体の熱量がものすごく高く、稽古序盤で昨年のクオリティまで戻せたと思います。プラスに考えると昨年よりも気持ちに余裕ができ、ブラッシュアップする時間がたくさん増えました。

この1年間、待ち続けてくださった皆様のためにも、最高の作品を作ってお届けしたいと思います。この世界で生きるキャラクター、そして物語、演出。ぜひ視野を広げてすべてに注目してくださいませ。

「舞台『デュラララ!!』~円首方足の章~」キービジュアル(c)成田良悟/KADOKAWA/舞台「デュラララ!!」製作委員会

「舞台『デュラララ!!』~円首方足の章~」キービジュアル(c)成田良悟/KADOKAWA/舞台「デュラララ!!」製作委員会

プロフィール

1993年、神奈川県出身。2013年「陽炎ペイン」で舞台デビューし、2016年の歌劇「明治東亰恋伽~朧月の黒き猫~」で初主演を務めた。近年の主な出演作に「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」「舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜」「あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ」舞台「KING OF PRISM」舞台「文豪ストレイドッグス」ミュージカル「封神演義-目覚めの刻-」「機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-」舞台「幽☆遊☆白書」など。「週刊SPA!」(扶桑社)で月に1回「サウナの呼吸」を連載しているほか、ニッポン放送WEBラジオ「オールナイトニッポンi『おしゃべや』」でパーソナリティを務める。また主演映画「文豪ストレイドッグス BEAST」が控えるほか、10月に「『バクマン。』THE STAGE」、2022年2月に舞台「機動戦士ガンダム00 -破壊による覚醒-Re:(in)novation」に出演する。

バックナンバー

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

橋本祥平のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 橋本祥平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします