音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

タウンワーク新CMで乃木坂46が“バイト日本代表”目指す

207

地域密着型の求人情報メディア「タウンワーク」の新CMにSMAPの香取慎吾、乃木坂46の八福神(生田絵梨花、生駒里奈、桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、松村沙友理)、武井壮が出演。本日9月8日に都内で新CM発表会が行われた。

今回のCMは「バイト日本代表チャレンジ」というテーマのもと制作され、アルバイトで鍛錬した技術を観衆の前で披露し、その技が認められると晴れて“バイト日本代表”の称号を手に入れることができるという内容。その競技会の司会を香取、挑戦者を乃木坂46のメンバーと武井が演じ、乃木坂46はラテアート、武井はビールジョッキ22杯持ちを披露している。

新CM発表会に、出演者はそれぞれCMで着用した衣装を着て登壇。司会者に衣装の感想を尋ねられると、白石は「普段は制服を着ていることが多いので新鮮な気持ちです。乃木坂46のイメージカラーの紫が入っていて、すごくかわいいです」とうれしそうに語った。CMで挑戦したラテアートについて桜井は「本当に難しくて。泡に絵を描くので、時間が経つと泡が弾けてしまって絵が崩れてしまう。時間との戦いでした」とコメント。また乃木坂46加入前はハンバーガーショップでアルバイトをしていたという西野は「笑顔では(アルバイト)日本代表になれるんじゃないかなと思います」と話し、会場に集まった報道陣にとびきりの笑顔を見せた。

その後乃木坂46のメンバーはCMでも挑戦したラテアートを実際に披露し、その腕前を香取が審査するという展開に。この日は生田、桜井、白石の3人がチャレンジしたが、なぜか生田のみ独自の世界観を取り入れた絵を描き出す。途中で香取からツッコミが入るものの、生田の絵はほかの2人のものとは若干異なるテイストで、香取やほかのメンバーを笑わせた。その後も武井がビールジョッキ18杯を両手で同時に持ち上げる技を見せたほか、香取も会場に着いてから教わったという“Tシャツ早たたみ”を披露し来場者を驚かせた。

さらに香取は「あの歌(槇原敬之が書き下ろしたCMソング「バイトが君を待っている」)を自分が歌えることが本当にうれしい。ずっと自然に口ずさんでいた曲なので」とCM出演の感想を述べ、乃木坂46との共演については「みんな本当にかわいらしくてキュート。そんな中でも生田さんが素敵だなと思いました」と、ラテアートで生田の描いた絵やリアクションを気に入ったことを伺わせた。そして会見当日早朝に発表された2020年夏期オリンピックの東京開催にちなんで、東京出身の生田は「人生の中で自分が育った街でオリンピックが開催されるって本当に素晴らしいことだと思いますし、その経験ができるってことが本当にうれしいです」とコメント。ここで香取から「そんなきれいにまとめないで、もうちょっとすっとぼけたこと言って」と振られると、生田は空気を読んで「私もオリンピックを目指してがんばります!」と宣言し、会場の笑いを誘った。

なお香取、乃木坂46、武井が出演するタウンワークの新CMは、明日9月9日から全国でオンエア開始。CM特設サイトでは9日0:00よりCM動画とメイキング映像が公開される。

音楽ナタリーをフォロー